オードリー若林、M-1グランプリは「事務所に推されてなくても誰でもエントリーできる」という意味で画期的な大会だったと語る

2021年7月24日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、M-1グランプリは「事務所に推されてなくても誰でもエントリーできる」という意味で画期的な大会だったと語っていた。

若林正恭:「お笑いポポロ」でね、昔、寅年だっつって、虎のぬいぐるみをかぶるっていうのがあったんですけど。

春日俊彰:はい、はい。

若林正恭:「ぬいぐるみをかぶりたくないから」っていう、表面だけすくいとってね、未だになんか言ってくるリトルトゥースがいるんですよ。

春日俊彰:うん。

若林正恭:ちょっとすみません、クールポコみたいになっちゃいましたけどね。

春日俊彰:「な~に~?」だね。

若林正恭:…徹底的にファンが少なかったから、あの雑誌になることがなかったんだよ、俺たちは。

春日俊彰:そうね。

若林正恭:だから、そういう方向じゃなくて、男性というか、M-1でいくしかないっていうか。

春日俊彰:うん。

若林正恭:M-1っていうのは、オープンな大会だから、事務所に推されてなくても誰でもエントリーできるっていう、画期的な大会だったんですよ。

春日俊彰:うん。

若林正恭:それまではオンエアバトルぐらいしかなくて、事務所で好かれてる2~3組ぐらいしかいけなかったの。

春日俊彰:まぁ、そうだね。

若林正恭:そういう流れがあってっていうのもあっての「かぶらない」ってことで。



オードリーのANN

本日の人気記事