ナイツ塙、M-1の漫才において「2005年のブラックマヨネーズ」が最高峰だと語る「人間と人間の圧力でぶつかっていく」

2019年9月28日放送のテレビ東京系列の番組『ゴッドタン』(毎週土 25:45-26:10)の「お笑いを存分に語れるBAR2」企画にて、お笑いコンビ・ナイツの塙宣之が、M-1グランプリの漫才において、「2005年のブラックマヨネーズ」が最高峰だと語っていた。

劇団ひとり:M-1の中で好きな漫才は?

塙宣之:僕はやっぱり、ブラックマヨネーズさんの2005年の時。そこが一回、5年やってピークになったところかなって思ってて。

矢作兼:あれ、本当凄かった。

塙宣之:あれもやっぱり、関西弁ならではの言葉の強さと、あの2人の強さもあるんですけど。

関東の人間は、コントに入って。コントのキャラクターで圧力をかけてくわけじゃないですか。だけど、ブラマヨさんはそうじゃない、人間と人間の圧力でぶつかっていく。その時に爆発が起きて、なんかやっぱり見てて鳥肌が立ちました。

劇団ひとり:ああ。

塙宣之:多分、全芸人が…

矢作兼:1番だと思う、俺も。1位。

土屋伸之:あの優勝がやっぱり完璧過ぎて、6回から10回までの間は、ブラマヨさんの呪縛みたいな感じで。

劇団ひとり:ああ。

土屋伸之:一本目とニ本目のテイストが同じで、それを超えてくる、みたいな。

小沢一敬:システムが同じパターン。

土屋伸之:それをみんな目指しすぎて、そこに縛られて、一本目に力出せないってコンビが結構いたような気がしますね。

塙宣之:うるせぇな。

土屋伸之:急にどうした(笑)

飯塚悟志:なんで?なんで?(笑)

土屋伸之:俺が語るとイヤなの?(笑)

塙宣之:ふふ(笑)



ゴッドタン

本日の人気記事