山里亮太、田中みな実と弘中綾香のドロドロとした女性特有のやりとりの凄まじさに「途中から俺、早すぎて何も見えなかった」

2019年9月18日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、田中みな実と弘中綾香が初めて顔を合わせたテレビ朝日系の番組『あざとくて何が悪いの?』で、2人のドロドロとした女性特有のやりとりの凄まじさに「途中から俺、早すぎて何も見えなかった」と語っていた。

山里亮太:田中みな実嬢が、弘中さんに「本当可愛いねぇ」っていう。「もう、本当可愛い。本当に私の好きなタイプの顔」って。

「いや、そんなことないですよ」「今のさぁ、『そんなことないですよ』ってさ、手振ったところとかも凄い可愛い」って言ってさ。

もうさ、俺からすると、なんて言うんだろう。もうチョーク決めてんだよ、グッて。「可愛いよね」って。で、一回、「そんなことないですよ」って手を動かして弘中さんは、田中みな実嬢と自分の顎に食い込んでるところに、隙間に手を入れて、「そんなことないです」って言って、チョークを逃れようとしてるけど、その手を入れたことに気づいてるよって。

「手を振ったのも可愛いよね」で、完全に頸動脈をグイッといく感じ。で、「目とかも本当い凄い顔」っていうのから始まって。

でもね、まだ絞め落とさないのよ。「まだこっから試合楽しみましょうよ」って感じで、田中みな実嬢が…俺はブレイクかけてないのに、パッて手を離して。ゲフンゲフンって言ってる弘中さんに、「来いよ」って感じで。

「楽しく試合しましょう」って感じになった時に、弘中ちゃんが「本当、私も凄い憧れてて、嬉しいです、こういう形でご一緒できるの」って言って、そのまま向こうの奥襟を掴んでくるわけ。

そしたら、それを田中みな実嬢はスッと避けるの。「ふふ、思ってないのに」って。「本当、思ってますよ」って。途中から俺、早すぎて何も見えなかった。

二人のこぶしが交わるスピードで、俺、目がカラッカラに乾いて、最終的に泣いてたからね。スーッて。

名勝負だった。これ、まだ収録序盤だからね。こっから本戦が始まってくの。まぁ凄かった。



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事