山里亮太、『スッキリ』で加藤浩次の代打MCを務める上で「このタイミングで、吉本芸人が不祥事を起こす」ことを最も恐れたと告白

2019年9月18日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、『スッキリ』で加藤浩次の代打MCを務める上で、「このタイミングで、吉本芸人が不祥事を起こす」ことを最も恐れたと告白していた。

山里亮太:今回(『スッキリ』での加藤浩次の代打で)、一番怖かったのは…祈ったね、ただひたすら。「頼む、本当に頼む」と。

「このタイミングで、吉本の誰か不祥事を起こすなよ」と。とりあえず頭によぎった顔が、とろサーモンの久保田ね。「久保田、絶対に何も起こさないでくれよ、今日は。親友であるお前のことを、明日、俺はオープニングで語らなきゃいけないのはやめてくれよ」って。

本当、思ったもんね。だってさ、もしそんなことがあったらよ。普通に始まって、「おはようございます…さっそくですけど、このニュースです。吉本興業所属とろサーモンの久保田さんが、横領で逮捕されました。営業ギャラに納得いかなかったということで、日頃から愚痴っていたとろサーモンの久保田さんが、会社に忍び込み、現金を盗んだということなんですけど、山里さんどうですか?」って。

言われたらどうしようと思って。でも、俺は思った。笑顔でこう答えようと。「らしいっすよねぇ」って。「クボちゃんらしいっすよねぇ」って。「ねぇ、春菜ちゃん」って、バトンを渡すぐらいしかないかなって。

あとは本当にね、ナダルの窃盗も怖かったし。ナダルの闇営業とかもね、そういうのとかも想定はしていきましたけど、そういうこともなく、無事に。



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事