マヂラブ野田クリスタル、M-1グランプリ2021でランジャタイが前衛的なネタで「ぶっちぎりの最下位」になったら「俺らの最下位も霞んでくる」と懸念

2021年12月2日放送のニッポン放送系のラジオ番組『マヂカルラブリーのオールナイトニッポン0』(毎週木 27:00-28:30)にて、お笑いコンビ・マヂカルラブリーの野田クリスタルが、M-1グランプリ2021でランジャタイが前衛的なネタで「ぶっちぎりの最下位」になったら「俺らの最下位も霞んでくる」と懸念していた。

野田クリスタル:僕たちは良いも悪いも、どっちも両極端って思わせれてますから。

村上:うん。

野田クリスタル:最下位とったときも、物凄い最下位とった感出せたじゃないですか。

村上:出せましたね。

野田クリスタル:この辺、ランジャタイとか、真空ジェシカとかもなってくるのかな。要は、モグライダーとか。

村上:うん。

野田クリスタル:ランジャタイとか、最下位とり過ぎちゃう可能性もあるじゃん。

村上:ランジャタイは、そうですね。新M-1になってからは、ついたことのない点数とかもつく可能性ありますからね。

野田クリスタル:ありますよ。

村上:65点とかありますからね。

野田クリスタル:65、68、65…

村上:はっはっはっ(笑)

野田クリスタル:か、モノマネぐらい低いか。10点、10点、10点…

村上:はっはっはっ(笑)「あれ?これ、モノマネ王座だっけ?」って(笑)

野田クリスタル:ふふ(笑)

村上:針すなおが9点?(笑)

野田クリスタル:って可能性もありますよ、ジャタイの場合はね。

村上:そうなっちゃうと、それも困るわけでしょ?

野田クリスタル:そうすると、俺らの最下位も霞んでくるわけですよ。



マヂカルラブリーのANN

本日の人気記事