東野幸治、ベストジーニスト授賞式で着た古着のトレーナーは原宿ベルベルジンで「8万円で購入した」と告白「こんなん買えるかいなって、5年前の俺やったら言ってる(笑)」

2021年11月26日放送のABCラジオの番組『東野幸治のホンモノラジオ』(毎週金25:00-26:00)にて、お笑い芸人・東野幸治が、ベストジーニスト授賞式で着た古着のトレーナーは原宿ベルベルジンで「8万円で購入した」と告白していた。

東野幸治:実は原宿のベルベルジン(BerBerJin)っていう、古着の名店があるんですよ。とにかく取材もなかなかやらしてくれへんし。でも実は、20年ぐらい前から本当に芸能人、一流の芸能人が古着を買いに来たりとか。

そこに実はベルベルジンに僕ら、東野デニムで行ってるんですよ。それでトレーナー購入したんです、あのベストジーニストで着てたやつ。あれ、実はベルベルジンの古着で。あれ、いくらか知ってます?寝間着みたいなトレーナー。

はっきり言います。8万円ですよ(笑)あれ、8万円なんですよ。俺も「え?」って思ったけど。撮影では「こんなん買えるかいな」って、5年前の俺やったら言ってました(笑)「なんやねん、これ8万って」って。

向こう、悲しい顔をするじゃないですか(笑)我々でロケさせてくださいって言ってるから、それはもう全乗っかりで、他にも古着、1万、2万の(笑)ケチやから1~2万の古着買って。でも、ベルベルジンのお店の人も、番組の空気も「それで終わりかい」みたいな空気になってるから。

これはもう、イチかバチか8万円のトレーナー買って(笑)古着やから中古…そう、でも、その発想がもうダサいんです。お古じゃない、お下がりじゃない、中古じゃないんです。時代を着てるんです。

1980年代を着てるんです…って思ってくださいって庄司に言われたからやったんですけどね。



東野幸治のホンモノラジオ

本日の人気記事