加藤浩次、ソーシャルディスタンスに慣れてしまって相方・山本を「叩いたり、肩組んだりがもうできない」と思っていると告白

2021年10月30日放送のMBSラジオ系のラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週土 毎週土 24:00-25:30)にて、お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が、ソーシャルディスタンスに慣れてしまって相方・山本を「叩いたり、肩組んだりがもうできない」と思っていると告白していた。

加藤浩次:俺、無理かもな。

山本圭壱:無理ってどういうこと?

加藤浩次:昔の距離でお前のそばにいるの。

山本圭壱:なんでだよ。しょうがないだろ、それは。俺は大丈夫だぜ。

大谷映美里:ふふ(笑)

加藤浩次:触ったりするのが。

山本圭壱:なんか偶然、膝が当たるみたいな瞬間だろ?

加藤浩次:うん。

山本圭壱:しょうがないじゃん。そういうこともあり得るでしょ。

小峠英二:うん。

加藤浩次:叩けないな、もう。

大谷映美里:ふふ(笑)

小峠英二:ああ、もう触れたくないですね。

加藤浩次:はっはっはっ(笑)

山本圭壱:それは別問題だろ。

加藤浩次:俺、もう山本のこと叩けない(笑)

山本圭壱:なんでだよ。

加藤浩次:ちょうど、時代的にはよかったかもしれないね。「叩いたりするのも違う」って形になってるから。

小峠英二:ああ。

加藤浩次:叩けないのよ。「おい」とか「こら!」とか言うけどさ。

山本圭壱:うん。

加藤浩次:ちょっとやっぱりもう…肩、絶対組めない。

池田裕子:ああ、近いな、肩は。

加藤浩次:西村と肩組める?

小峠英二:それはコロナ関係ないく組めないですけど。

加藤浩次:ふふ(笑)



アッパレやってまーす

本日の人気記事