アンガールズ田中、とろサーモン久保田にマジギレした過去を告白「一回揉めたよ」

2021年10月20日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、とろサーモン・久保田かずのぶにマジギレした過去を告白していた。

山里亮太:ウチの同期が迷惑をかけた…とろサーモンの久保田が田中さんとしっかり揉めたんですかね?

田中卓志:しっかり揉めたっていうか、うん、一回揉めたよ。

山里亮太:そうですよね。

田中卓志:さんまさんの『からくりTV』のカラオケ。

山里亮太:はい。

田中卓志:替え歌選手権みたいな。

山里亮太:はい。

田中卓志:あれで、ブサイク芸人。ノンスタ井上とか俺とかとろサーモン久保田で、「ブサイク芸人」で集まって、『R.Y.U.S.E.I.』踊るって。それブサイクの替え歌にして。

山里亮太:振り付けもして。

田中卓志:完璧な振り付けをして。完璧すぎてウケるっていう笑いにするはずなのに、もう久保田が全然練習してこなくて。

山里亮太:はい。

田中卓志:一人だけできてなくて、久保田だけウケる感じになりそうだったのよ。あれどうなってんのよ、関西のお笑い。

山里亮太:はっはっはっ(笑)

田中卓志:関西って、自分自分で。東京ってさ、「全員盛り上がって終わればいいよね」っていう。

山里亮太:チームプレイ、作品を作り上げようっていう。

田中卓志:そう。関西は違う。「あわよくばアイツを引きずり下ろして、俺だけウケてやろう」っていう(笑)

山里亮太:ふふ(笑)

田中卓志:その感覚があるでしょ?

山里亮太:はい、「おもろければええやん」スピリッツね。特に久保田大先生は、その権化ですから。

田中卓志:それをラジオで言ってたら、俺らのラジオに久保田が乗り込んできて。

山里亮太:ほう。

田中卓志:「なんやあれ!」って文句言ってきたから、俺、怖すぎて反論できなかったの(笑)

山里亮太:ふふ(笑)やめてよぉ(笑)

田中卓志:いや、怖いんだもん、久保田(笑)

山里亮太:何をしでかすか分からないって狂気はありますからね(笑)

田中卓志:そう、そう。

ニューヨーク嶋佐、とろサーモン久保田と宮崎県一の歓楽街「ニシタチ」を歩いていたらヤンキーのような風貌の男性に絡まれるも意外な展開に



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事