博多大吉、「華丸・大吉」をR-1優勝の場でコンビとして救ってくれた雨上がり決死隊が解散することになって「凄くショックなことでした」

2021年9月1日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ 博多華丸・大吉の博多大吉が、「華丸・大吉」をR-1優勝の場でコンビとして救ってくれた雨上がり決死隊が解散することになって、「凄くショックなことでした」と語っていた。

博多大吉:「これから俺たち、どうなるんやろうな」って思って。で、そのまま記者会見に入って、華丸さんの囲み会見が始まって。

赤江珠緒:はい。

博多大吉:で、僕も後ろから見てたんです。で、最後に司会の方と華丸さんみんなで写真撮りましょうってなった時に、司会の方が「コイツらコンビやろ」って言い出して、呼んでくれたんです、僕を。

赤江珠緒:はい。

博多大吉:で、この司会の方っていうのが雨上がり決死隊さんなんですよ。

赤江珠緒:ほう。

博多大吉:で、雨上がりさんが、元々福岡で何回か顔を合わせた程度でしたけど、僕らの存在を知ってくれてて。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:「華丸はたしかコンビやから。相方はどこおんねん」って。で、「後ろにいます」「お前出てこい」って。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:そしたら途中から僕も会見に。本当は終わるはずやったけど、「相方がいるならせっかくだから」ってちょっと参加させてもらって。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:で、「最後、記念撮影です」ってなった時に、やっぱ僕いらないじゃないですか。

赤江珠緒:そうですね。

博多大吉:うん…はっきり言われるとショックやけど(笑)

赤江珠緒:その場ではやっぱり(笑)冷静に判断しまして。

博多大吉:そうでしょ。だから、最後の記念撮影は僕、抜けなきゃいけないと思って、抜けようとしたんです。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:そしたら雨上がりさんが「いや、コンビやからエエやん」って。

赤江珠緒:へぇ。

博多大吉:宮迫さんが「エエねん。コンビやからおれや」って。で、蛍原さんも「コンビはエエねん」って。

赤江珠緒:おっ。

博多大吉:で、本当忘れられない。カメラマンの皆さんが、「これってちょっと説明面倒くせぇなぁ」って(笑)

赤江珠緒:そう、カメラマン、記者サイドとして(笑)

博多大吉:ふふ(笑)

赤江珠緒:お二人のは撮ったとしても、華丸さん単体の写真も欲しいってなりますよね?

博多大吉:だから華丸さん単体は別で撮ったかもしれんけど、司会の雨上がりさんと華丸さんのスリーショットは絶対欲しかったはずなのに、「絶対、大吉は入るべきだ」って言ってくれたのは雨上がりさんで。

赤江珠緒:へぇ。

博多大吉:で、その雨上がりさんの言葉で、記者の方たちも納得せざるを得なくて。本当に華丸・大吉ってコンビ、当時知名度なかったから。突然現れたんです、記者の方から言いますと。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:だから「なんでこの写真を…」って思いながら撮られたんだと思うんですけど(笑)

赤江珠緒:ふふ(笑)

博多大吉:その写真が次の日、新聞や色んなメディアに載って、テレビでも使われて。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:「アイツらコンビなんだ。じゃあ、コンビで売っていこう」って改めて吉本も思ってくれたみたいでね。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:だから、2週遅れでこの話題をするのはアレなんですけど。

赤江珠緒:そうですね。そうなると、コンビに対する思いというのがね。

博多大吉:コンビとして。

赤江珠緒:雨上がりさんのことの返っていきますね。

博多大吉:だから、コンビとしての僕らを救ってくれた雨上がりさんが解散になったっていうのは、凄くショックなことでしたけど。

赤江珠緒:うん。



たまむすび

本日の人気記事