空気階段・鈴木もぐら、危険生物エリアに入るために誓約書を書く必要がある動物園で妻が言った一言に驚き

2021年8月10日配信開始の『富士彦100組トーク』にて、お笑いコンビ・空気階段の鈴木もぐらが、危険生物エリアに入るために誓約書を書く必要がある動物園で妻が言った一言に驚いたと語っていた。

鈴木もぐら: 肉食のタカとか、危険な生物がいるエリアみたいなのがあって。

富士彦:うん、うん。

鈴木もぐら: で、「そこに行こう」みたいなことを奥さんが言い出して。

富士彦:うん。

鈴木もぐら:「先に二人でデンジャラスゾーン入っといて」って(笑)

富士彦:はっはっはっ(笑)

鈴木もぐら:「え?」って。で、そのデンジャラスゾーンの入り口にも誓約書が置いてあるんですよ。

富士彦:はっはっはっ(笑)やたら誓約書書かすやん(笑)

鈴木もぐら: 「死んでも文句言いません」みたいな。で、それが置いてあって、書かなきゃいけなくて。

富士彦:うん。

鈴木もぐら: それで、「入る人間は全員書いてください」っていう。だから、俺だけじゃなくて、長男の名前も書かなきゃいけないのかなって。

富士彦:うん、うん。

鈴木もぐら: で、水とりに行ってる奥さんに「ちょっと、これ息子の名前も書かなきゃいけないの?」って言ったら、「ああ、そう、書いといて」って。

富士彦:え?(笑)

鈴木もぐら: そんな簡単な(笑)俺、初めて息子が死んでも文句言いません、みたいな(笑)

富士彦:はっはっはっ(笑)



空気階段の踊り場

本日の人気記事