東野幸治、BMXの中村輪夢選手を応援する「胸に日の丸、顔にブルーペイント」の男性が気になっていたと明かす「親父かな、思って(笑)」

2021年8月6日放送のABCラジオの番組『東野幸治のホンモノラジオ』(毎週金25:00-26:00)にて、お笑い芸人・東野幸治が、BMXの中村輪夢選手を応援する「胸に日の丸、顔にブルーペイント」の男性が気になっていたと明かしていた。

東野幸治:BMXのフリースタイルを見てて。日本のメダル候補で、中村輪夢君って人が出てて。ラストから2番目に、言うたら演技する、パフォーマンスする。凄い名前やなって思ってて。

これ多分、お父さんがBMX好きで、子供に夢託したわけじゃないですか。で、結果的にオリンピック出たからよかったけど、なかなかのギャンブルするお父さんやなって思ってて。

で、それ見てて生放送。BMXのフリースタイルっていうのが注目されてるから、競技場には各国の選手とコーチがいてるから。でも、日本のBMXのファンは、その向こうの橋にめちゃくちゃ並んでたんですよ。

で、めちゃくちゃ並んでる真ん中に、日の丸を胸にドンとして、顔をブルーにペインティングしてて、カメラマンがそいつから引くんですよ。引いたら橋いっぱいに人がおって。それで、こっちの会場は人が少ない感じで始まるんです。

で、輪夢君もその感じから始まって。子供に輪夢って名前をつける、冷静に見たら若干痛いお父さんじゃないですか。で、アナウンサー何も言わへんけど、俺、あの日の丸のコスチュームしてる奴が親父かな、思って(笑)

だって、十分考えられるでしょ。でも、それ聞いたんですよ。カメラクルーがどこのカメラクルーやって言うたら、海外のカメラクルーが色々いてるみたいなんで、お父さんか定かじゃないんですけど、そういう演出で始まったりしたんですよ。



東野幸治のホンモノラジオ

本日の人気記事