麒麟・川島、『ラヴィット』で「ニュースを一切取り扱わない」のはオファーを引き受ける上での絶対条件だったと告白

2021年8月4日配信開始となったYouTubeチャンネル『佐久間宣行のNOBROCK TV』の動画にて、お笑いコンビ・麒麟の川島明が、『ラヴィット』で「ニュースを一切取り扱わない」のはオファーを引き受ける上での絶対条件だったと告白していた。

佐久間宣行:『ラヴィット』を川島さんが引き受けたの意外だったんですよ。

川島明:ああ、はいはい。

佐久間宣行:それはなんでかって言うと、「ニュースとかワイドショーとか、そういうのは一切やらないって決めたんですよ、やってみて向いてないと分かったから」って言ってたじゃないですか。

川島明:そうですね、フジテレビさんでやって。

佐久間宣行:うん。で、「全部のニュースに思うことがあるわけじゃないから、思ってもないことを言うのがキツイ」っていう。

川島明:はい。

佐久間宣行:それでやめたって言ってた時、その半年後ぐらいに帯を引き受けたって時にすげぇ意外で。何だったら、メンタルもつのかなって思ってたんだけど。

川島明:ああ、はいはい。

佐久間宣行:今見たら、大大笑い番組にしてるから。

川島明:はっはっはっ(笑)

佐久間宣行:それってもう意思だなって思ってて。あれはもうだから、引き受けたときからそうしようと思ってたんですか?

川島明:はい。「こういう話、来てます」と。「『グッとラック』終わって、「川島さんでってお話をいただいてます」って言われたんですけど、「ワイドショーやったら絶対やりません」と。

佐久間宣行:うん。

川島明:それは一生胸に誓ってたのと、あとはやっぱ向いてる人がいるから、自分が慣れへんまま勉強しつつやるのは、もうこの段階で失礼やから。

佐久間宣行:うん。

川島明:「めちゃくちゃバラエティーにしてください」と。

佐久間宣行:なるほど、なるほど。

川島明:「だったらやります」と。それで向こうも「明るい番組にはしたい、若い人に見てもらいたいんです」って。「でも、ちょっとぐらいニュース扱うかもしれません」って言われて、「ああ、もうそれならすみません」って。

佐久間宣行:ああ、なるほど。そこでもう最初の線引きしたってことですか?

川島明:「無理です」と。「報道フロアからのニュースがきます。それで『ヒルナンデス』みたいにニュースについて一言やりとりはできますか?」「できません、申し訳ない。これをやりだすと、自分に嘘つくことになります」って。

佐久間宣行:うん。

川島明:それで「分かりました」って、完全にバラエティのスタッフになりますっていう。で、「私でよければ」っていう。



佐久間宣行のNOBROCK TV

本日の人気記事