東野幸治、お遍路をしている高齢者たちに「どんだけ幸せになろうと思ってんねん」と思ってしまうと告白「欲深いなぁ思って」

2021年7月30日放送のABCラジオの番組『東野幸治のホンモノラジオ』(毎週金25:00-26:00)にて、お笑い芸人・東野幸治が、お遍路をしている高齢者たちに「どんだけ幸せになろうと思ってんねん」と思ってしまうと告白していた。

リスナーメール:満島ひかりさんと『旅猿』で四国に行かれた際、お遍路さんを見て「怖いわぁ、幸せになろうと思う人がこんなにおるって、人間って欲深ない?」という暴言です。

お遍路さんに対する違和感をこんな明確に暴言にできるなんて、さすがダディだと知りました。

東野幸治:いや、それは確かにこれ言った、言った(笑)なんか凄い怖かったんですよ。ニコニコ笑いながらお遍路やってるおばあちゃんとかおじいちゃん見て、「どんだけ幸せになろうと思ってんねん」って思って。

もうエエやんって。欲深いなぁ思って。孫の代にバトンを繋いでいかなアカンのに、とにかく自分の代でっていう。要は高齢化社会の保険問題、医療問題にも一石を投じると思うんですよ(笑)こういう人らがいっぱいお金を使うんですよ、保険料をね。だから、ほどほどにしてください、お遍路も。

昔、清原さんが逮捕されて、反省の意味を込めてお遍路してましたけど。TKOの木下君がお遍路するって言うて、電動付き自転車乗ってたチクリありましたけど、あれぐらいでいいんです、お遍路っていうのは。

あまり欲深くするものではございません。ほどほどに皆さん、幸せになって欲しいと思います。



東野幸治のホンモノラジオ

本日の人気記事