高田文夫、小山田圭吾や小林賢太郎ら東京五輪開会式にまつわる辞任や解任について「あんな昔まで遡られたら俺たちなんか食ってけないよ」と発言

2021年7月25日放送のニッポン放送系のラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(毎週月-金 11:30-13:00)にて、放送作家・タレントの高田文夫が、小山田圭吾や小林賢太郎ら東京五輪開会式にまつわる辞任や解任について「あんな昔まで遡られたら俺たちなんか食ってけないよ」と発言していた。

高田文夫:やっぱりさ、スポーツの力は強いよ。その前のさ、開会式の芸能の力の弱いこと。

松本明子:はっはっはっ(笑)

高田文夫:あーだこーださ、問題いっぱい起こしてさ。

松本明子:はい(笑)

高田文夫:あんな昔までさ、遡られたら、俺たちなんか食ってけないよ。

松本明子:はっはっはっ(笑)

高田文夫:俺だって浅草キッドだって、爆笑問題だって、生きてらんないよ、この世界で。

松本明子:叩けばホコリが出ますから。

高田文夫:出ますよ、ホコリでできた体なんだから。

松本明子:ホコリでできた体(笑)

高田文夫:本当だよ。

松本明子:かなわないですね、ほじくられちゃ。

高田文夫:その点、スポーツはスカッとやってくれるから。

松本明子:いやぁ、気持ちいいですね。

高田文夫:いやぁ、凄い、驚いた。



ビバリー昼ズ

本日の人気記事