ケンドーコバヤシ、アイドルが「クレヨンしんちゃんのモノマネで微妙な空気にする」問題を解決する方法を提案

2021年7月21日放送のMBSラジオ系のラジオ番組『アッパレやってまーす!水曜日』(毎週月-木 22:00-23:30)にて、お笑い芸人・ケンドーコバヤシが、アイドルが「クレヨンしんちゃんのモノマネで微妙な空気にする」問題を解決する方法を提案していた。

リスナーメール:先日、吉田豪さんが「アイドルが地上波やオーディションで自信満々にクレヨンしんちゃんのモノマネを披露して微妙な空気になるのを何度も見たので禁止にすべき」といった主旨のツイートをされていました。

たしかにそういった場面を見た経験がありますし、実際、イベントなどで好きで集まっているファンの反応も微妙だったりします。

アイドルの特技は、何を披露するのが正解なのでしょうか?また、こういった微妙な空気の現場に立ち会ったことはありますか?

ケンドーコバヤシ:これはアイドルの話…よく、コンパした時期とかの女の子がやってたな。

田中卓志:ああ。

ケンドーコバヤシ:クレヨンしんちゃんのモノマネする子、多かったのよ。

大家志津香:何なんですかね。

田中卓志:誰でもできるから。

ケンドーコバヤシ:「玉ねぎ食べれる?」みたいな。

大家志津香:そんな台詞ありました?(笑)

田中卓志:「おら、しんのすけだぞ」でしょ(笑)

ケンドーコバヤシ:「玉ねぎ食べれる?」が一番有名な台詞でしょ。

大家志津香:どんなコンパ行ってたんですか(笑)

田中卓志:あ、しんちゃんやるにしても、オーソドックスな台詞じゃない方がいいってことですよね?

ケンドーコバヤシ:そう、そう。「しんちゃん言わへんやろ、それ」っていう。

大家志津香:ああ、そうたしかに、たしかに。

ケンドーコバヤシ:「クレヨンしんちゃんのモノマネ、得意なんです」って言うて、そのツッコミ待ちのことを言うたらいいかもしれんけどな。

田中卓志:ああ。

ケンドーコバヤシ:「ああ、ハイビーム入れっぱなしだった」とか(笑)

大家志津香:はっはっはっ(笑)めちゃ面白い(笑)

ケンドーコバヤシ:って言うたら、芸人というか、司会者たちも「なんやねん、それ」って言えるから。

大家志津香:たしかに、たしかに。めちゃくちゃ面白い(笑)



アッパレやってまーす

本日の人気記事