爆笑問題・太田、小山田圭吾のいじめ問題で小山田の行為と同様に心ない言葉でバッシングすることもまた「許されることではないんじゃないかな」と発言

2021年7月20日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、小山田圭吾のいじめ問題で小山田の行為と同様に心ない言葉でバッシングすることもまた「許されることではないんじゃないかな」と発言していた。

太田光:世界中から反発を食らってるって思ってると思うんだ、小山田はね。

田中裕二:うん。

太田光:それはね、どんだけ極悪人だとしてもね、俺は人が人をそうやって…正義感ぶって言うのもなんだけど。

田中裕二:うん。

太田光:そういうふうに追い詰めていくことっていうのは、許されることではないんじゃないかなっていう気がしてる。

田中裕二:うん。

太田光:『サンジャポ』でも言ったんだけど、その一人一人ね、抗議をしてる人は、物凄くまっとうな常識人だと思うんですよ。

田中裕二:うん。

太田光:で、それはもっともな人たち。その人たちを俺は責めてるわけじゃないんですけど、それが何千何万っていう数になった時に、自分たちは「これが正義だ」と思っているけれども、それが集団になった時、それも何万、何百万っていう集団になった時に、「一人が受け止められるだろうか?」っていう。

田中裕二:うん。

太田光:それは怪物、自分ではその意識がなくても、それは同じようにモンスターだっていう。

田中裕二:うん。

太田光:言葉は凶器だと、俺は思うんですよね。

田中裕二:うん。

太田光:だからそういう意味で言うと、「どっちが残酷なのか?」っていうこと。で、今も、まさに今もネットでバッシングが続いているわけですよね。

田中裕二:うん。

太田光:「それ、放っておくんですか?」って、俺は思ってるんだけど。



爆笑問題カーボーイ

本日の人気記事