爆笑問題・太田、小山田圭吾のいじめ自慢が掲載されたクイックジャパンの記事を読んで記者や小山田圭吾の周囲が「誘発して、小山田がそれに乗った」ように思えたと指摘

2021年7月20日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、小山田圭吾のいじめ自慢が掲載されたクイックジャパンの記事を読んで記者や小山田圭吾の周囲が「誘発して、小山田がそれに乗った」ように思えたと指摘していた。

太田光:周りの状況を考えないと、今、小山田圭吾一人に攻撃が集中してるけど、実はあの小山田圭吾の存在の仕方を許した環境も含めて考えないと、ちゃんとした判断はできないんじゃないか、ということを俺は言いたい。

田中裕二:うん。

太田光:それでも許せないって人はいると思う。

田中裕二:うん。

太田光:でも、俺は未だにそう思ってるのね。

田中裕二:うん。

太田光:で、なぜそう思ったかというと、俺はインタビューを読んで俺はそう思ったんですよ。

田中裕二:うん。

太田光:というのは、聞く方も本当にフランクに聞いてるんですよ。「いじめてたんだよね?(笑)」「いや、そうなんだけどさ」みたいなやりとりなのね。

田中裕二:うん。

太田光:で、とにかく「(笑)」がつくんだよ、ぜんじろうみたいな。

田中裕二:ふふ(笑)なつかしいな、その話も。

太田光:で、つまりはその小山田圭吾の周辺が、それを誘発しているように俺は見えたの。で、小山田圭吾もそれに乗っかったように。

田中裕二:うん。

太田光:そうじゃないかもしれないよ。

田中裕二:うん。

太田光:でも、もしかしたら違うのかもしれないけど、俺が今の時点で、あの文章の文脈を見ると、そういうように見えたんだよね。

田中裕二:うん。

太田光:だからもし、その可能性があるとしたら、それは小山田圭吾一人が責められるべきものなのかっていうことを、その時代の価値観っていう、俺はだからその言葉がもしかしたら、間違ったのかもしれない。

田中裕二:うん。

太田光:その時代全体の価値観がそうだったっていうふうに、伝わっちゃったのかもしれないんだけど。

田中裕二:うん。

太田光:あの時代に合った、ある一部の価値観って、正確に言えばそういうことだよね。

田中裕二:うん。

太田光:それは、厳然とあそこに存在したんだろう、と。っていうのは、あの雑誌が出ているってことが、俺の根拠なんです。

田中裕二:うん。

太田光:あの内容は、今読むと、もうそりゃ批判されるべき内容だったんですよね。

田中裕二:うん。



爆笑問題カーボーイ

本日の人気記事