伊集院光、愛犬が老衰状態にあって「朝、奇跡からスタートだからね。生きてるっていう」と感じていると語る

2021年6月21日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、愛犬が老衰状態にあって「朝、奇跡からスタートだからね。生きてるっていう」と感じていると語っていた。

伊集院光:今週気づいたこと。まぁ、落語の二人会が終わって、まぁ一つ越えなきゃならない山みたいなのを越えて。で、次に来る山、予想される俺の越えなきゃならない山は、もう犬が死ぬね。

まぁ、深夜放送ののっけからする話かどうかは分かりませんけど、もうヨレヨレです。ボロ雑巾みたいになってますから。

別に…何かでも、もう考え方が変わってて。18歳で耳も遠いし、目もほぼ見えてないみたいだし、まぁヨレヨレ散歩は行くんだけど。なんかこうちょっとデキモノもできてさ、顔もブッサイクな顔をしてんだけどさ。

朝、奇跡からスタートだからね。生きてるっていう。「お前、絶対100%死んでるよね」っていう。なんかね、俺が見た今まで見た、どの犬の死体よりも死んでる感じだから、朝(笑)

名誉死体。「死体ではないんだけども」っていう状態なのに、触ると「触んじゃねぇよ」みたいな。「メシなの?メシじゃないの?どっちなの?」みたいな。「散歩、行くの?行かないの?」みたいになるから、その時点でちょっと、イーファンつく感じっていう。ドラ乗ったって感じでスタートするからいいんだけど。



伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の人気記事