ニューヨーク屋敷、マヂカルラブリーとあまりの休みの少なさに「労働組合を作りましょう」といった話になったと明かす

2021年6月6日配信のYouTube動画『ニューヨークのニューラジオ』にて、お笑いコンビ・ニューヨークの屋敷裕政が、マヂカルラブリーとあまりの休みの少なさに「労働組合を作りましょう」といった話になったと明かしていた。

放送作家・奥田泰:偉い人がね、組合的なものを作ってくれれば、強制的に休みになるんだけどね。

屋敷裕政:マジで全く同じような話を今日してましたよ。

嶋佐和也:うん。

屋敷裕政:マヂラブさんと「労働組合を作りましょう」って。

嶋佐和也:すゑひろがりずさんと。

屋敷裕政:うん。でも、たまにおるから、「俺、マジで休みいらん」っていう元気者。おいでやす小田さんみたいな。

嶋佐和也:小田さんそうなの?

屋敷裕政:小田さんは、「休み、なるべく作らんようにしてくれ」ってマネージャーに言うてるって言うてたよ。

嶋佐和也:ああ、そうか。でも今はね。

屋敷裕政:小田さんって、「24時間働けますか」とかの時代のサラリーマンみたいな顔をしてるもんな(笑)

嶋佐和也:はっはっはっ(笑)

屋敷裕政:倒れるまで働いてた頃の日本人みたいな顔してるやん(笑)

嶋佐和也:たしかに。体力凄いもんな。喉かれないもん、あの人(笑)

屋敷裕政:うん。

嶋佐和也:変だもんね、あんだけ大きい声出して。

屋敷裕政:ふふ(笑)

嶋佐和也:「大丈夫やねん、俺、喉かれへんねん」って。

屋敷裕政:なんでやねん(笑)



ニューヨークのニューラジオ

本日の人気記事