ケンドーコバヤシ、AKB48柏木由紀の「妻帯者が風俗へ行く理由が分からない」という疑問に名言で回答「愛情という絆のある相手とはしたくないプレイもあるわけよ」

2021年5月26日放送のMBSラジオ系のラジオ番組『アッパレやってまーす!水曜日』(毎週月-木 22:00-23:30)にて、お笑い芸人・ケンドーコバヤシが、AKB48柏木由紀の「妻帯者が風俗へ行く理由が分からない」という疑問に名言で回答していた。

柏木由紀:(風俗と妻との行為は)「何が違うんですか?」って聞いちゃう(笑)納得させて欲しいから。

山根良顕:柏木さんの名言の「私でいいじゃん」みたいなね(笑)

柏木由紀:そう、そう。何を求めに行ってるのか、教えて欲しい。

ケンドーコバヤシ:「私でいいじゃん」は、あの時、俺も一旦引きましたけど。

柏木由紀:そうですよね。「ナイス」みたいになったじゃないですか。

ケンドーコバヤシ:でもね、違うんですよ。

柏木由紀:なんで?

ケンドーコバヤシ:いや、愛するパートナーに、ビンタとかされたくないやん。

柏木由紀:あ、癖みたいなこと?

ケンドーコバヤシ:そう!

柏木由紀:思いがあるが故に?

ケンドーコバヤシ:逆さまになって、肛門見られたくない(笑)

田中卓志:はっはっはっ(笑)

山根良顕:愛する人にはね(笑)

ケンドーコバヤシ:愛する人には。頼りがいある男でいてあげたいやん、やっぱり。

柏木由紀:でも、じゃあ奥さんも「それもいい」だったら、話がまた変わるんですか?

ケンドーコバヤシ:そうじゃないのよ。

柏木由紀:え?ムズッ(笑)

田中卓志:そういうことをしてもらいたくて結婚したわけじゃないっていうか(笑)分かる?

柏木由紀:分からん(笑)全部いいって言ってるんですよ、お店でやってることも、奥さんが「全然いいよ」って言われても?だって、お金もかからないんですよ?

ケンドーコバヤシ:それは愛情という絆のある相手とはしたくないプレイもあるわけよ。

田中卓志:そう、そこなの。

柏木由紀:へぇ。

田中卓志:それが真理なの。



アッパレやってまーす

本日の人気記事