高田文夫、新番組『週刊さんまとマツコ』開始で明石家さんまとマツコ・デラックスは「テレビ界の最後の足掻き、残党みたいなもの」と発言

2021年4月19日放送のニッポン放送系のラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(毎週月-金 11:30-13:00)にて、放送作家・タレントの高田文夫が、TBS系の新番組『週刊さんまとマツコ』開始で明石家さんまとマツコ・デラックスは「テレビ界の最後の足掻き、残党みたいなもの」と発言していた。

高田文夫:昨日なんか、いよいよマツコ登場したろ?(笑)

松本明子:はい。

高田文夫:マツコ、さんま。数字はともかく(笑)マツコ、さんまそういうオワコン2人でさ、終わったコンテンツって言われちゃうから、テレビが(笑)

松本明子:ふふ(笑)

高田文夫:なんとかしないと。最後の足掻きよ、と。テレビ界の(笑)

松本明子:はっはっはっ(笑)

高田文夫:「私達は最後の足掻きよ」と。残党みたいなもんだからね(笑)

松本明子:はっはっはっ(笑)

高田文夫:テレビ屋とかラジオ屋の最後の兵士みたいなもんだろ?マツコなんて。

松本明子:ふふ(笑)

高田文夫:大変だよ。返り討ち食らうぞ、本当に(笑)

松本明子:はっはっはっ(笑)



ビバリー昼ズ

本日の人気記事