高田文夫、『スターどっきり(秘)報告』での寝起きドッキリは「山口百恵のパンツが見たいから、寝起きを考えた」と告白

2021年4月19日放送のニッポン放送系のラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(毎週月-金 11:30-13:00)にて、放送作家・タレントの高田文夫が、『スターどっきり(秘)報告』での寝起きドッキリは「山口百恵のパンツが見たいから、寝起きを考えた」と告白していた。

高田文夫:芸人だって作家だってさ、言葉でメシ食ってんだからさ。

松本明子:で、ボケがあってツッコむっていうね。

高田文夫:それが一つ、完成された芸なんだよ。

松本明子:分かった上でやってるっていう。

高田文夫:それが今、どんどん難しくなってきてさ。そういう時代だろ。果たしてこれでいいのか、と。

松本明子:いやぁ。

高田文夫:その時代に、あえて鈴木おさむだよ。

松本明子:出ました?(笑)

高田文夫:テレビ界の新進…でもない、ベテランになってきたけど。作家があえて挑む、『テレビのおばけ』だよ。

松本明子:舞台。行きました、行きました。

高田文夫:本多劇場。お前も行ったの?俺も行ったよ、土曜日に。凄いな、鈴木おさむの真面目さが全面に出ちゃって、テレビ論。

松本明子:ストーリーがドキッとするようなストーリーでしたね。

高田文夫:昔のテレビマン、80年代、俺らの時代の。

松本明子:本当に先生が忙しい時代の。

高田文夫:本当にそのまま。めちゃくちゃなことをやってたろ、テレビで。それと、現代のコンプライアンス。「これはいけない、あれやっちゃいけない」って。

松本明子:そうですね。

高田文夫:バナナワニ園に行って、ワニと戦っちゃいけないって、それはそうだけどさ(笑)

松本明子:ふふ(笑)

高田文夫:テリーなんか全部封印だよ(笑)

松本明子:心の中で、先生やテリーさんだって思って(笑)

高田文夫:そうなんだよ。プール、水をマヨネーズに変えちゃいけないとか(笑)そういうのはコンプラで「ダメなんです」って怒られちゃうんだよ、今の時代はもうな。

松本明子:先生が書いてた時ですもんね。

高田文夫:『スターどっきり』、スタートさせたのは俺だからね。

松本明子:ふふ(笑)

高田文夫:三波伸介と俺たちで、俺が作ったんだから。

松本明子:先生ですもん。

高田文夫:寝起きから、全部俺が考えたんだもん。山口百恵のパンツが見たいから、寝起きを考えたんだから。

松本明子:はっはっはっ(笑)

高田文夫:合鍵のシステムを考えたんだから。

松本明子:ふふ(笑)

高田文夫:あれは、向こうのマネージャーとこっちサイドと、ホテルで打ち合わせして、当人だけ知らなくて、寝起きができる。

松本明子:今はダメなんですもんね。



ビバリー昼ズ

本日の人気記事