ニューヨーク嶋佐、吉本芸人はグッズが売れたとしても収益は「全て吉本にとられるってシステム」であると不満

2021年4月18日配信のYouTube動画『ニューヨークのニューラジオ』にて、お笑いコンビ・ニューヨークの嶋佐和也が、吉本芸人はグッズが売れたとしても収益は「全て吉本にとられるってシステム」であると不満を口にしていた。

嶋佐和也:バックが入るのかってことよ。Tシャツ、これ渾身のデザインして。

屋敷裕政:「バックが入るのか」じゃないよ(笑)みんなが着てくれるだけで嬉しいやろ。

嶋佐和也:だから、吉本って、これはもうあれだけど…今までなぜか、数多の芸人がめちゃくちゃグッズ作ってきたけど。

屋敷裕政:うん。

嶋佐和也:それが全てとられるってシステムなんだよ、なぜか。

屋敷裕政:年貢?年貢なん?

嶋佐和也:数多の芸人が、数多のグッズ作ってきて、もうそれこそ全部合せたら何万枚、何十万枚になって。

屋敷裕政:要は全く売れへんTシャツ、俺ら散々作ったやんか。

嶋佐和也:うん。

屋敷裕政:それで借金することもない。

嶋佐和也:うん。

屋敷裕政:その代わり、バカ売れしても儲かることはないっていう。

嶋佐和也:うん、ゼロ。

屋敷裕政:本当に文化祭で作るTシャツみたいな感覚やったんやろうな。

嶋佐和也:それを俺は変えていきたい。そしたら、全芸人が潤うと思うんだけど。Win-Winだと思うんだけど。

屋敷裕政:なるほど。

嶋佐和也:お客さんもそしたら買ってくれるじゃん。



ニューヨークのニューラジオ

本日の人気記事