ナイツ塙、R-1グランプリはフリップ・モノマネ・漫談とネタが多岐に渡るため「M-1のように1年に1回、コンテストでやること自体に無理がある」と指摘

2021年3月15日配信のYouTubeチャンネル『ナイツ塙の自由時間』の「上石神井ラジオ」で、お笑いコンビ・ナイツの塙宣之が、R-1グランプリはフリップ・モノマネ・漫談とネタが多岐に渡るため「M-1のように1年に1回、コンテストでやること自体に無理がある」と指摘していた。

塙宣之:『エンタの神様』も、R-1も、どっちかと言うと雑食なので。色んなものを見せる、という番組じゃないですか。

M-1っていうのは、同じセットで、スタンドマイクがあって、同じ形式でやるからコンテストっぽく見えるわけで。R-1に関しては、もう本当にフリップもあり、モノマネもあり、漫談もあり、コントもありってなっちゃうから。

そもそもあれを、1年に1回だけ形式っぽくして、コンテストってやること自体にちょっと無理があるわけですね。だとしたら、やっぱ毎週、R-1グランプリにして、もう1年に1回の賞レースはやらないっていうことですよ、究極。

だから、毎週、毎週やってけば、多分高田ポルコだって、もっとネタかけるし、もっと芸人としてのやりがいが湧くし。ZAZYのフリップだってもっと見れるし、松本クラブだってもっとずっと見れるしっていう。

あれで終わっちゃって、「じゃあもうラストチャンスです、1年に1回で終わりです」っていうのは、あまりにも意味が分からないからね。



ナイツ ザ・ラジオショー

本日の人気記事