おぎやはぎ矢作、キングコング西野の映画『えんとつ町のプペル』でのPRが「宗教まがい」と批判されることに異論「誰の目にも触れないっていうのは意味がない」

2021年1月28日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・おぎやはぎの矢作兼が、キングコング・西野亮廣の映画『えんとつ町のプペル』でのPRが「宗教まがい」と批判されることに異論を唱えていた。

小木博明:『プペル』のノミネートされてる、優秀アニメーション作品賞。

矢作兼:え?早くない?

小木博明:12月かなんかだったからじゃない?去年多分、ギリギリで。で、今ほらもう…だからこれ、戦略でもあるよね、わざと。

矢作兼:上手いよね。

小木博明:ね。

矢作兼:1月は不利だって言われてるから。

小木博明:そう、そう。12月だから、つい最近だし。

矢作兼:うん。

小木博明:ああいう、ちょっと宗教まがいみたいな感じで客呼んでたでしょ。

矢作兼:はっはっはっ(笑)

小木博明:だからやっぱ、そこ上手いんだよ、やり方が。

矢作兼:西野ね(笑)

小木博明:うん。

矢作兼:あれはもう、教祖だから。

小木博明:教祖様だから。

矢作兼:うん。

小木博明:なんたって。

矢作兼:上手いよね、やっぱりね。

小木博明:いやぁ、この辺の策略というか、やっぱ頭下がるね、本当に。

矢作兼:でも、本当にそれって凄いことでさ。

小木博明:うん。

矢作兼:どんなにいい作品だろうが、結局、戦略。

小木博明:うん。

矢作兼:っていうものが凄く大事。

小木博明:そう。

矢作兼:凄くいいけど、何も誰の目にも触れないっていうのは意味がなくてさ。

小木博明:そう。

矢作兼:そこそこちゃんと面白くなきゃダメよ、結局は(笑)

小木博明:絶対それはあるよ。

矢作兼:ちゃんと及第点は出さなきゃダメなんだけど、及第点を超えたものに関しては、やっぱ戦略が勝つから。

小木博明:そこらへん、ちょっとできてなかったな、『前田建設』は。

矢作兼:ちょっとできてない。1月に発表しちゃダメよ。

小木博明:そうだね。たしかに、本当にそうだ。

矢作兼:なぁ。



おぎやはぎのメガネびいき

本日の人気記事