オードリー若林、「お笑いやるなら吉本興業だな」と改めて思った理由を語る「舞台で一緒に成長していって、テレビ出始めて絡んだらそれは上手くいく」

2021年1月23日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、「お笑いやるなら吉本興業だな」と改めて思った理由を語っていた。

若林正恭:俺たちって、キサラ出身だもんな。

春日俊彰:いや、そうなんだよなぁ。

若林正恭:俺、この間、吉本の有楽町のライブ見に行く時、スケジュール調べてたの、いろんな芸人さんの。

春日俊彰:はい、はい。

若林正恭:「お笑いやるなら吉本だな」と思ったよ、やっぱり。

春日俊彰:はっはっはっ(笑)今更?(笑)

若林正恭:だって、スケジュール見たら、「この人たちが楽屋で持ち時間まで喋ってんだ」って思ったら、それは面白くなるし。

春日俊彰:それはなるね。

若林正恭:で、漫才のあそこがこうだ、も喋るだろうし。

春日俊彰:うん。

若林正恭:プライベートのことも喋って、で、一緒に成長していってテレビ出始めて絡んだら、それは上手くいくし。

春日俊彰:そう、そのままやればいいんだから、だってね。

若林正恭:だって、俺たちだって、バーヒデとビトタケシとゴールデンやると思ったら、こんなにやりやすいことないもんな。

春日俊彰:ない、ない。

若林正恭:はっはっはっ(笑)

春日俊彰:何の不安もないよ。

若林正恭:はっはっはっ(笑)

春日俊彰:こうきたらこうなるって、その先が分かるからね。



オードリーのANN

本日の人気記事