千原ジュニア、フジモンの極端な気の弱さについて「線細いよ。ストローやったら全然、タピオカ入ってけぇへん(笑)」と発言

2021年1月15日放送の日本テレビ系の番組『にけつッ!!』にて、お笑い芸人・千原ジュニアが、フジモンの極端な気の弱さについて、「線細いよ。ストローやったら全然、タピオカ入ってけぇへん(笑)」と発言していた。

ケンドーコバヤシ:人間って、怖いなぁっていう。

千原ジュニア:まぁ、怖いよ。何が怖いって、一番人間が怖いよ。

ケンドーコバヤシ:痴漢の冤罪ってあるじゃないですか。

千原ジュニア:はい、はい。

ケンドーコバヤシ:それもね、本当はどこまで冤罪なのかも分からない。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:やった人が冤罪と言い張ってるのかもしれないし。

千原ジュニア:はい、はい。

ケンドーコバヤシ:本当にリアルに、誰か陥れようとして、気まぐれで冤罪なんて。

千原ジュニア:聞くね。

ケンドーコバヤシ:「これって、痴漢の冤罪のシステムなんやろうな」っていうのを、この間、番組の収録で見かけてしまって。

千原ジュニア:はい、はい。なんですか?

ケンドーコバヤシ:クイズ番組にね、珍しく出させていただいたんですよ。『東大王』っていう、ヒロミさんと山里がやっている番組のなんかスペシャルみたいなんに呼んでいただいて。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:まぁ、楽しく収録参加させていただいたんですけど。

千原ジュニア:はい、はい。

ケンドーコバヤシ:ある問題で、アーティスト名をお答えください、と。ただし、今からそのアーティストの代表的な曲を流しますが、「レの音のところだけまずピアノで弾いていきます」と。

千原ジュニア:ああ、なるほど。

ケンドーコバヤシ:次、ミが増えて、最後ドレミファソラシド揃って弾いたら普通に聞こえる曲やけど、「分かった段階でお答えください」みたいな問題が出たという時に、「ただし」って問題を聞きながら、「ただし!」って言ったんですよ。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:で、結果、誰かが「嵐」って答えて「正解!」ってなったところ、悪意も何もなく、ヒロミさんがね、「フジモン、お前途中で嵐って言わなかった?」って。「ただし!」っていうのが。

千原ジュニア:はい、はい。

ケンドーコバヤシ:で、注意とかじゃなくて、「言わなかった?」って言ったら、フジモンさん、あの独特の気の弱さみたいなのあるじゃないですか。

千原ジュニア:ある。

ケンドーコバヤシ:線細いよ(笑)ストローやったら細いよ、あれ(笑)

千原ジュニア:細いですね、あれ(笑)全然、タピオカ入ってけぇへんよ(笑)

ケンドーコバヤシ:ユンケルのやつで(笑)

千原ジュニア:そう、そう(笑)

次の記事 ケンドーコバヤシ、フジモンが『東大王』収録でガヤが原因でヒロミに誤解されてしまい「そっからマジで喋らんようになった」と明かす へ続く



にけつッ!!

本日の人気記事