ケンドーコバヤシ、フジモンが『東大王』収録でガヤが原因でヒロミに誤解されてしまい「そっからマジで喋らんようになった」と明かす

2021年1月15日放送の日本テレビ系の番組『にけつッ!!』にて、お笑い芸人・ケンドーコバヤシが、フジモンが『東大王』収録でガヤが原因でヒロミに誤解されてしまい、「そっからマジで喋らんようになった」と明かしていた。

千原ジュニア、フジモンの極端な気の弱さについて「線細いよ。ストローやったら全然、タピオカ入ってけぇへん(笑)」と発言からの続き

ケンドーコバヤシ:「フジモン、嵐って言わなかった?」って言ったら、フジモンさん「はっ!」ってなって。「言ってません!」みたいな感じになったんです。

千原ジュニア:うん、うん。

ケンドーコバヤシ:「なんでこんな感じで言うんやろな?」って思って(笑)「進行の邪魔をしてしまった」と思ってしまった、と。

千原ジュニア:はい、はい。

ケンドーコバヤシ:で、藤本さん自身も、「正しい!」って言ったのを覚えてないんですよ。

千原ジュニア:ほう。

ケンドーコバヤシ:ノリで言うてるから。

千原ジュニア:なるほど。反射神経で言ってるから。

ケンドーコバヤシ:「お前、嵐って言ったよな」「…言ってないです」みたいになって。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:ヒロミさんも、「怒ってない、俺、怒ってないから。なんか聞こえただけだから。言った?」って。「……言ってないです」みたいな(笑)えらいことになったぞ、これって思って(笑)

千原ジュニア:うん、うん。

ケンドーコバヤシ:「なんかしなアカン」思って、「なんか空気変えなアカンな」って思って、「ホンマか?言うたんちゃうんか?」みたいな。

千原ジュニア:ああ、逆に。

ケンドーコバヤシ:はい。ほんなら、フジモンさんも本当の楽屋での先輩・後輩関係の空気を出して、「言うてへん言うてるやろ」って(笑)

千原ジュニア:ふふ(笑)線細いなぁ(笑)

ケンドーコバヤシ:はっはっはっ(笑)

千原ジュニア:ストロー細いわぁ(笑)

ケンドーコバヤシ:はっはっはっ(笑)そしたら、フリーアナウンサーの岡副麻希ちゃんっているじゃないですか、日本一黒い色黒の女子アナウンサー。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:彼女も、「ただし!」っていうのが、「嵐」に聞こえてたんでしょうね。「ヒロミさん、言ってました!」って。

千原ジュニア:はっはっはっ(笑)

ケンドーコバヤシ:ほんなら、ヒロミさんが「え?言ってたの?なんで言ってねぇとか言うんだよ!」ってなって、「ううっ…僕、どうしたらいいんですか!」ってなって、収集つかへんようになって。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:結果、僕が「そう言えば、原西さんも『光源氏』ってずっと言ってました」って。

千原ジュニア:ああ、ああ。

ケンドーコバヤシ:「関係あるか!俺、言うてるか」って。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:なんか、ぐにゃっと終わったんですけど、ホンマに怖なってきて。フジモンさん、そっからマジで喋らんようになったんですよ。



にけつッ!!

本日の人気記事