オードリー若林、一番共演しづらい芸人は「同期で、ちょっと年上、大阪の芸人」であると告白「イジったら、大阪で悪い噂立つんじゃないかって」

2020年11月17日放送のテレビ東京系列の番組『あちこちオードリー』にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、一番共演しづらい芸人は「同期で、ちょっと年上、大阪の芸人」であると告白していた。

若林正恭:最初に正直に言いますけど、調べたら全くの同期で。

津田篤宏:そうです、そうです。

若林正恭:2000年4月で、僕ら全くの同期で。

春日俊彰:あ、そうなんだ。

若林正恭:全くの同期で、年上じゃないですか。

津田篤宏:そうです、そうです。

若林正恭:同期で、ちょっと年上で、大阪の芸人さん、一番やりにくいんですよ。

津田篤宏:なんでやねん!

春日俊彰:ふふ(笑)

若林正恭:いや、大好きなんですけど、なんか津田さんが『しくじり先生』で授業やったことあったじゃないですか。

津田篤宏:ああ、はいはい(笑)

若林正恭:関西の芸人さん、みんなイジるじゃないですか、津田さんのことを。千鳥さんとか。

津田篤宏:はい。

若林正恭:でも、俺とかが調子に乗って津田さんのことをめちゃくちゃにしてたら、大阪で悪い噂立つんじゃないかって(笑)

津田篤宏:立たへんよ、そんなん(笑)

春日俊彰:なるほど、なるほど、分かる。

若林正恭:分かるでしょ?

春日俊彰:分かる。「東京モンにめちゃくちゃにされた」って。

津田篤宏:何なん(笑)

ユースケ:人を見て反応変えたり。

津田篤宏:せぇへんって(笑)

ユースケ:一線級の人やったら、マンキンで行くんですけど。

津田篤宏:はっはっはっ(笑)



あちこちオードリー

本日の人気記事