流れ星ちゅうえい、解散を考えて相方・瀧上伸一郎と話をしていたと告白「本当にもう瀧上にも一回話をしましたけど」

2020年11月14日放送のテレビ東京系列の番組『ゴッドタン』(毎週土 25:45-26:10)にて、お笑いコンビ・流れ星のちゅうえいが、解散を考えて相方・瀧上伸一郎と話をしていたと告白していた。

劇団ひとり:解散とかってことは、もうどうなんですか?可能性として、今後。

ちゅうえい:正直、ちょっと前まで本当にもう瀧上にも一回話をしましたけど、今日、一個唯一救いだったのが、素直に受け止めてくれる瀧上っていうのは、やっぱ面白いですし、見てて気持ちいいので、ああいう感じになってくれれば、また良い流れ星が始まるのかなって思いました。

小木博明:へぇ。

ちゅうえい:板倉が言ってるみたいに、舞台で喧嘩するとかでもいいですし。

劇団ひとり:修復はやっぱしたいんだ?関係を。

ちゅうえい:それはそうですね。二人でやってる流れ星が俺は面白いと思ってるんで。

劇団ひとり:ああ、なるほど。

瀧上伸一郎:板倉君が言った、ネタ作らずに5分、2人で喋ってみようかなってちょっと思いましたね。

板倉俊之:え?本当?俺、責任持てないよ(笑)

矢作兼:ふふ(笑)

板倉俊之:だけど多分、客前でやって、ちゅうえいがイジった時に、笑いが起こったら、「あ、ちゅうえいの言ってること、正しかったんだ」って認識できると思う。

小木博明:うん。

板倉俊之:これ、ちゅうえいがもう証明するしかないのよ、天然イジって、笑いにして。これがウケるんだよっていうことを、やっていくしかないね。



ゴッドタン

本日の人気記事