バナナマン設楽、白石麻衣の乃木坂46卒業で「中心的な存在だからさ、ヤバイよ」と心配「こっから崩壊してったらどうする?」

2020年10月30日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『バナナマンのバナナムーンGOLD』(毎週金 25:00 – 27:00)にて、お笑いコンビ・バナナマンの設楽統が、白石麻衣の乃木坂46卒業で、「中心的な存在だからさ、ヤバイよ」と心配していると語っていた。

設楽統:白石ってさ、やっぱもう乃木坂のメンバーの中でもさ、引っ張っていったメンバーでさ。

日村勇紀:まぁ、そうだよね。

設楽統:もう中心的な存在だからさ、ヤバイよ。白石抜けてこっから崩壊してったらどうする?

日村勇紀:崩壊してったらどうする?

設楽統:「私もやめます!」みたいになってさ。

日村勇紀:いやいやいや…

設楽統:どんどん。

日村勇紀:まぁね、そんなことはないと思うけどさ。

設楽統:そんなぐらい、俺は見てて「これ、大丈夫か?」って。白石抜けちゃったらみんなボロボロでさ、「できない、もう!」とか言ってんじゃない?(笑)

日村勇紀:ふふ(笑)

設楽統:「もうできないよぉ。まいやんいなかったらできないよぉ」って。

日村勇紀:それは大支柱だからね。

設楽統:うん。だけど、そんな中に、「白石さんの意志を継いで頑張ります」みたいな人が出てくるわけでしょ。

日村勇紀:分かる、分かる。



バナナマンのバナナムーンGOLD

本日の人気記事