山里亮太、田中みな実の『プロフェッショナル 仕事の流儀』で担当ディレクターに「ダメだと思われてる」ことが明らかとなって「自分の不甲斐なさがめちゃくちゃ悔しい」

2020年10月28日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、田中みな実の『プロフェッショナル 仕事の流儀』で担当ディレクターに「ダメだと思われてる」ことが明らかとなって「自分の不甲斐なさがめちゃくちゃ悔しい」などと語っていた。

山里亮太:悔しいのよ。あんないいものを作る人たちに、ダメだと思われてるのが。

だって、あの人たち、凄いチームなわけじゃない。それぞれ見てみたら、凄い作品を作ってるのよ、お二方とも。で、その人たちが、俺をできない人間として見てたわけでしょ。

それってすなわち、もうその人の中の評価は、「できない人」なわけじゃない。これがさ、悔しいです。怒ってるとかじゃないです。俺はただただ悔しいです!これが負けの痛みか、と。

いや、『あざとくて何が悪いの?』は、田中みな実先生の番組です。それは分かってます。自分はそこにいさせてもらってる、分かってます。ただ、カメラの位置も分かんないって思われてる、その自分の不甲斐なさ。これが…

悔しいって言って、怒ってるのを隠してるんじゃないの。怒ってないよ、本当に聞いて。めちゃくちゃ悔しいの、俺は。情けなくて。

だってさ、みんな憧れんだよ、ここ(『プロフェッショナル 仕事の流儀』)で取り上げてもらうなんて。もうさ…無理じゃん、この評価じゃ(笑)



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事