伊集院光、『ろくでなしBLUES』『ROOKIES』の漫画家・森田まさのりから直々に「伊集院光と対談をしたい」と申し出があり対談を行ったと明かす

2019年7月29日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、漫画家・森田まさのりから直々に「伊集院光と対談をしたい」と申し出があり対談を行ったと明かしていた。

伊集院光:突然、事務所に『ろくでなしBLUES』とか、『ROOKIES』とか『べしゃり暮らし』を描いている、森田先生から直々に、「伊集院光と対談をしたい」っていう。

もっと言うと、「伊集院光さんに、自分の漫画や自分に関することについて、文章を書いて欲しい」ってきて。で、担当の人が「文章を書くよりも、担当の人が対談をしたらいいんじゃないか」みたいな提案をしていて、そんな話が舞い込んできて。

長くこの番組を聴いてくださってる方は分かると思うんですけど、僕の嫌いなキーワードに「不良が活躍する」っていうことが凄いありまして。あと、「学校モノ」っていうのは結構苦手なんですよ。

で、この『ろくでなしBLUES』っていうのも全然ノッてないんです。で、その後、『ROOKIES』の時に、『ROOKIES』は実はハマッたんです。映画に行くぐらいハマった、最終的に。『ROOKIES』も、さらに不良や学校の上の嫌いなものに、『金八先生』ってものがあるから。

ちょっとそうすると、『ROOKIES』の要素の中に、がっつり入っちゃってるじゃん、『金八先生』要素も、不良大活躍要素も。

で、『ROOKIES』に出会った時の話も多分、引っ張り出せば喋ってて。「俺は野球漫画ほぼ全て見るけど、ちょっと今見たら負けだと思ってる野球漫画があるんだよなぁ」みたいな話をしてて、からの、「でもどうしても『ROOKIES』は見ちゃってさ」みたいな流れだったと思う。

で、いよいよ『べしゃり暮らし』に関しては、「同業者モノは読めねぇな」っていう話をしたと思う。自分が、一応はお笑いとかお喋りの…俺がべしゃり暮らしだから。毎日、べしゃってんだから。

俺がべしゃり暮らし。俺がべしゃり暮らしじゃないとすると、ブラ俺がべしゃり暮らしじゃないとすると、ベタッとしたタマキンが、フローリングの上にあぐらをかいてたら、床にくっついたやつを「イヤだな」と思いながらも、タマキンの位置をずらさない暮らしだから。だとすると、もうそれぐらいの、ほぼニ要素しかないんだから、俺の暮らしには。

ないわけだから。そうすると、始まりでさ、クラスの人気者みたいなお調子ノリの高校生がさ、放送部みたいのですげぇお喋りが上手だからさ、「俺はお喋りのプロになってやるぜ」みたいなところからスタートするじゃん。もう、その時点でダメじゃん、俺ら。

そんな甘ぇもんじゃないし、そうじゃなかったのにべしゃり暮らしなんだから。元々、高校の時に素質があったのは、フローリングであぐらかいてキンタマ床についてる方の、その素質はあったものの、中高なんてクソをクソで煮しめたみたいな生活してた側だから。そんなストーリーのノれるわけないじゃん。

でいて、「ノれねぇな」っていう話も多分したと思うし、単行本の1~2巻ぐらいまでパラパラパラって読んで、「なんじゃそりゃ」ってなった気がする。にもかかわらず森田先生がそう言ってるってことは、「ああ、殺しに来るんだ」と思って。

「ああ、なるほど、そうか」っていう。まぁ、しょうがないな、殺されても仕方ないなって思うじゃん。でも、なんか話を聞いているとそうじゃなくて、実は最初に文章の依頼できたのは、「会ったら緊張して喋れないぐらい毎週ラジオを聴いていて」って。

それぐらいだって言うのよ。まぁ、だとすると、より今言った項目を全部聴かれてるよって思うんだよね。全部ラジオで話してることだから。でも、実際お会いして。そしたらこんなことを言っているにも関わらず、ずっとラジオ聴いててくれて。このくだりも全部知ってて。なおかつっていう人だったの。

で、いろんな話をしながら。正直、『ROOKIES』は、ジャンプコミックで最後買ったのが『ROOKIES』ぐらいのハマり方しました。で、その時、これこそ最近ラジオ聴いた人はなんのこっちゃと思う、俺が『ROOKIES』の公開の時に映画見ようと思って、ネットでチケットを予約したら間違ってそれが富山の映画館で、『ROOKIES』を見に富山に行くっていう謎の旅の話まで知っててくれて。



伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の人気記事

本日の人気記事