オードリー若林、アンガールズ山根の取り扱いが田中と違って難しいと発言「田中さんほどイジっていい感じ出さないから(笑)」

2020年10月3日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、アンガールズ・山根良顕の取り扱いが田中卓志と違って難しいと語っていた。

若林正恭:先週、番組のエンディングにアンガールズの乱入があって。

春日俊彰:へい、へい。

若林正恭:で、どっちが先輩だ後輩だっていうことをやりとりして。

春日俊彰:うん。

若林正恭:で、アンガールズさんのオールナイトニッポンでも、その後、冒頭10分ぐらいもう、オードリーの後輩だどうのっていうふうになってましたね。

春日俊彰:たしかにね。タナがまた吠えてたね。

若林正恭:そう、そう。

春日俊彰:ええ、強がってたよね、タナが。

若林正恭:そうね。で、俺も聞き直して思ったんですけども。言っていいのかどうかあれなんだけど、山根さんが難しいなぁって思って。

春日俊彰:改めて?

若林正恭:聞いてて、タナに対してはそうなんだけど、山根さんってなんかあの…あんまり強めに行く感じじゃない感じを出してるじゃない?山根さんから。

春日俊彰:まぁ、そうだね。

若林正恭:で、「山根さんはすみません、待ってて下さい」って言うにしては、なんかそこまでなのかなぁって思って。

春日俊彰:うん。

若林正恭:はっはっはっ(笑)「『山根』でよかったんじゃないかなぁ、あそこも」って、聞き直して思ってるんで、ちょっと直接対決になんのかな。

春日俊彰:まぁ、そうね。そういうのもハッキリさせなきゃいけないかもしれないね。

若林正恭:うん、そうですね。

春日俊彰:山根さんとのやり方も。

若林正恭:山根さんに聞きたい。だから、どっちがやりやすいのか。

春日俊彰:そうだね、達人みたいな空気出すからね、合気道とかの(笑)

若林正恭:そう、そう。

春日俊彰:受け流す、みたいなさ。

若林正恭:そう言えば田中さんほどイジっていい感じ出さないから(笑)

春日俊彰:そうね。あんまだから…我々に限らず、山根さんがイジられてるの、あんまイメージないよね。

若林正恭:全然ないもん、そういえば。

春日俊彰:タナがバーって言うの分かるじゃん。

若林正恭:田中さんは至るところでね(笑)

春日俊彰:うん。

若林正恭:普通の社会で考えたら、年上なんでね、そうやって接しなければいけないんだけど、田中さんにも山根さんにも。

春日俊彰:うん。

若林正恭:でも、ああなっちゃうと、山根さんがちょっと難しいなって思って。体も鍛えてるって言うから、力もあるんだろうし。

春日俊彰:体重も増えたっていう。



オードリーのANN

本日の人気記事