オークラ、ザキヤマがくりぃむ有田らの無茶振りを延々と繰り返される「お笑い地獄の虎の穴」で鍛えられて「本物になった」と明かす

2019年7月24日放送のニッポン放送系のラジオ番組『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』(毎週水 27:00-28:30)にて、放送作家のオークラが、ザキヤマがくりぃむしちゅー有田哲平らの無茶振りを延々と繰り返される「お笑い地獄の虎の穴」で鍛えられ、「本物になった」と明かしていた。

オークラ:ザキヤマさんっていうのはね、昔、いわゆる板倉みたいな。

佐久間宣行:うん、うん。

オークラ:とか、岩井君とかみたいな。ああいう、ほとんど喋らずに、なにか来たらスッと喋るみたいな。

佐久間宣行:センスで言う、みたいな。スナイパー的なお笑いだったの。

オークラ:そう、いわゆるそう、スナイパー的なお笑いだったんですけど。

佐久間宣行:うん。

オークラ:僕、本当に同期で。よくライブで一緒になるから、凄い仲がよくて。

佐久間宣行:うん。

オークラ:よくライブ帰りとか、一緒にいたんですよ。その時に、有田さんとかさがねさんとか、X-GUNの。

佐久間宣行:うん。

オークラ:千歳烏山軍団って呼ばれている人たち(千歳烏山に住んでいたことから)が、「ザキヤマの友達なんだ?じゃあ、一緒に来なよ」って。

佐久間宣行:うん。

オークラ:その当時も、ボキャブラのすごい人たちだから。

佐久間宣行:スターだよね。

オークラ:「呼ばれてる、行こう」って思って行ったんですよ。

佐久間宣行:うん。

オークラ:行ったら、その日、ザキヤマが夜の7時ぐらいから朝の6時ぐらいまで、延々、無茶振りされてて(笑)

佐久間宣行:ああ、その頃の千歳烏山軍団は、もうボケの無茶振りをどんどんしていく感じだったの。お笑いの地獄の虎の穴みたいな(笑)

オークラ:で、ザキヤマですらもう、へこたれるわけですよ。

佐久間宣行:うん、うん。

オークラ:俺、もう見ててブルブル震えてるだけですからね(笑)

佐久間宣行:「自分が振られたらどうしよう」って(笑)

オークラ:「どうしよう、どうしよう」って思って(笑)で、何もできなくて。ザキヤマも何もできなくて。

佐久間宣行:うん。

オークラ:「俺、もうお笑い辞めた方がいいんじゃないか」って思ったわけですよ、その時。

佐久間宣行:思ったぐらい。しかも、有田さんのあのセンスで振ってくるんだもんね。

オークラ:いや、もう凄いですよ。それで1年後、その千歳烏山軍団とザキヤマがいるところに…たまたままた会ったんですよ。

佐久間宣行:うん。

オークラ:それで、ちょうど新宿…渋谷かな、そのドン・キホーテの前で、「ドンドンドン、ド~ンキ~」って曲があるじゃないですか。

佐久間宣行:うん。

オークラ:あれが流れた瞬間に、さがねさんか有田さんだっけかな。忘れちゃいましたけど、パッとスピーカーの方を指差したわけですよ。

佐久間宣行:うん。

オークラ:パッと指した瞬間、ザキヤマがそれに合わせて、完璧な踊りを踊ったんですよ(笑)

佐久間宣行:はっはっはっ(笑)

オークラ:「こいつはもう、本物になった」って思って(笑)

佐久間宣行:はっはっはっ(笑)それ、本物っていうかどうか、分からないけど(笑)お笑いサイボーグというか。どんな振りでも完璧に返せるぐらいに、ザキヤマさんが変わってたんだ。

オークラ:そうです。当時、お笑いは自由ボケが流行ってたじゃないですか。

佐久間宣行:うん、うん。

オークラ:ボケに目的がないっていうか。要するに、そのボケだけをしている人。でも、そういうボケの人って、笑いはとりやすいけど、バラエティーだとなんか…

佐久間宣行:使いづらい。

オークラ:使いづらいじゃないですか。この人の芯が見えないから。

佐久間宣行:見えないからね。

オークラ:アンタッチャブルって、その系のネタだったじゃないですか。

佐久間宣行:うん。

オークラ:それで、アンタッチャブルってそれをやり続けて、多分、初めてだと思うんですけど、その自由ボケの、テキトーな人間にザキヤマがなっちゃったんですよね(笑)

佐久間宣行:はっはっはっ(笑)元々、真面目なんだけど。だから考え込んでたけど、テキトーな自由ボケにどんどんと自分を合わせていったら、人間性がもうネタに乗っ取られたっていうこと?(笑)

オークラ:そう、そう(笑)分かんないですけど(笑)

佐久間宣行:寄生獣みたい(笑)寄生獣みたいになったんだ(笑)

オークラ:凄いなって思ったんですよね。初めてだから、ああいう自由ボケの中での、自由ボケというキャラクターを、自ら手に入れたっていうか。



佐久間宣行のANN0

本日の人気記事