岡村隆史、吉本興業と「ギャラ交渉」を行ったのは一度だけで「ほんまにドンッと上がった」と明かす

2019年7月25日放送のニッポン放送系のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が、吉本興業と「ギャラ交渉」を行ったのは一度だけで「ほんまにドンッと上がった」と明かしていた。

岡村隆史:僕は運良く『岸和田少年愚連隊』という映画やるぞって言われて。これもうやるって決まってんな、断りに行ったけど。

やらなアカンねんな、そこで「すみません、スターになれますか?」って言うたら、「なんや、カネか?」って言われて、即。

もう、いはりませんけどね、もういはらない、木村常務ですよ。その木村常務に「なんや、カネか」って言うて、ブワーッと来られて。恐る恐る「はい」って言って。

言ったら、その時のコーチマンですよね、マネージャー。コーチに「なんぼもらってんねん。分かんねやろ、お前」って、コーチに言うて。「はい」「すぐ、全部出せ」って。全部のテレビのギャラを全部出せ、と。

「わかりました」って言って、芸人というか、タレントというのはお金もそうやけども、そういうのでやる気になったら、目の色も変わって、仕事してきよると。それは今までもみんなそうやったって。「分かった」って言うて、ほんまにドンッと上がった。

でも、交渉したのはその一回だけや。だから、こんなこともまぁ、いろいろ番組で「ナイナイさんって、ギャラ交渉したことあるんですか?」とかって訊かれるけれども、その一回しかないねん。ギャラ交渉っていうのは。

そこで上げてもらったから、皆さんも何かそのタイミング…なんかもう言うやん、ネタでも。「かかってこい」って言われたって(笑)「ギャラ上げてくれ」って言うたら、「かかってこい」って言われたって、よう紳助さんとかも、みんな言わはってたやんか。

そういうことやねんけど。みんなも今、「この変わるときや」って言うのも、もちろん分かるんやけれども、「ちょっと今、冷静になって」っていうふうに思う。



ナイナイのANN

本日の人気記事