爆笑問題・太田、映画を制作するために「2年打ち合わせして、シナリオを完成させた」にも関わらず「ボツになった」と告白

2020年9月15日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、映画を制作するために「2年打ち合わせして、シナリオを完成させた」にも関わらず「ボツになった」と告白していた。

劇団ひとり:映画はどうしたんですか?ずっと話してたでしょ。

太田光:映画にしようとしたんだけど、ボツにされたんだよ。

劇団ひとり:だって、共通の知り合いの人、あのメガネかけた…

太田光:うん。ボツにされたの。

劇団ひとり:え?もうゼロ?

太田光:ゼロ、ゼロ。一回、ボツにされたらもうダメなの。

劇団ひとり:ええ?!相当打ち合わせしてましたよね?

太田光:2年。2年打ち合わせしてシナリオ完成させたんだけど、結果、通らなかったの、企画として。

劇団ひとり:え?そんなことあるんですか。

太田光:あるんだよ。

劇団ひとり:揉み直してもう一回、とかじゃなくて?

太田光:ない、ない。もう一回ダメになったら、ダメなんだって。

劇団ひとり:厳しいなぁ。

太田光:厳しい。でも、俺はそれ諦めきれず、それを全部小説に変えたの。

劇団ひとり:他のところ持ってけばよかったじゃないですか。

太田光:いや、それは不義理になるじゃない。

劇団ひとり:そんなことないでしょ。

太田光:お前に何が分かるんだ、バカ!

劇団ひとり:はっはっはっ(笑)



爆笑問題カーボーイ

本日の人気記事