山里亮太、吉本興業の一連の騒動で「安易に吉本批判をしてしまう若手芸人」に控えるよう注意「ウチの会社って、対会社感を出した人を…」

2019年7月24日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、吉本興業の一連の騒動で「安易に吉本批判をしてしまう若手芸人」に控えるよう注意していた。

山里亮太:若手の子とかがさ…俺、今、一番好きなのはしずるの池田がさ…(笑)本社の前で直撃受けてさ、質問されてるけど、ずーっとポカーンとしてるのがあるの(笑)あれが一番好きなんだよなぁ(笑)

今ね、テレビ局の人たちもさ、直撃、直撃じゃない、若手の子たち。それ、若手の子たちさ、免疫ないからさ、いろいろ言っちゃうのよ。で、対会社って構造が描きやすいように、若手の子たちのコメント集めちゃうのって…あの子たち、本当分からないから。

でも、分からずに喋っても、編集とかが上手だから。対会社感が出ちゃってるわけ。で、俺はきっと、ウチの会社って、対会社感を出した人を、ちょっとどっかでメモったりするんじゃないかなって、几帳面さがあると思ってんの。真面目なところ。

「わてら、根が真面目でっさかいに」って。で、だったら可哀想だなっていうのと、ツイッターもさ、いろいろみんなつぶやいてるじゃん。

それもさ、加藤さんがさ、言った後にみんなつぶやくとさ、加藤さんが革命軍のリーダーとして立ち上がったって思っちゃってるのも、みんなアレじゃない?分かんないけど、加藤さんの真意は。

加藤さんが言ってるのって、「会社の待遇をよくするために」じゃなくてさ、本来、亮さんと宮迫さんの会見を見て、「こんなことさせちまう会社には、いたくねぇよ」っていうので、怒って立ち上がった…立ち上がったっていうか、加藤さんが「イヤになったぜ、この会社」ってだけの話じゃないのかな?

じゃなくて、「お前ら若手、こんな不遇な状況、おかしいだろ、戦おうぜ」とは言ってないからさ、気をつけなきゃなって思ってんの、そこは。加藤さんの真意は分からないけど、それは。俺も聞いてないから。



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事