オードリー若林、『審査員長・松本人志』でのミスを気にしながら帰ろうとしたところくっきーの一言に救われたと明かす「バヤシちゃん回すもんなぁ」

2020年9月5日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、『審査員長・松本人志』でのミスを気にしながら帰ろうとしたところくっきーの一言に救われたと明かしていた。

若林正恭:そういうのってなんてことないし、オンエアでも使われないけど、ずっと気にするじゃん。

オードリー若林、松本人志との『審査員長・松本人志』共演で緊張が最後に解けてしまい「ボケでもない間違いコメント」でシーンとさせてしまったと告白

春日俊彰:うん、うん。

若林正恭:「うわ、これ3日ぐらい気にするやつじゃん。なんで俺、最後で優勝した方にも申し訳ないし、しなかった方にも申し訳ないし。ひとりさんにも申し訳なかったし」って思いながらメイク落としてたんだけど。

春日俊彰:うん。

若林正恭:でも、帰りに廊下でくっきーさんにすれ違って。

春日俊彰:うん。

若林正恭:くっきーさんが、「バヤシちゃん回すもんなぁ。バヤシちゃん」って言ってもらって、全部大丈夫になった(笑)

春日俊彰:はっはっはっ(笑)

若林正恭:「バヤシちゃん、回すもんなぁ」って言ってくれて(笑)

春日俊彰:ありがたいねぇ(笑)

若林正恭:ありがたかった、それが(笑)



オードリーのANN

本日の人気記事