オードリー若林、松本人志との『審査員長・松本人志』共演で緊張が最後に解けてしまい「ボケでもない間違いコメント」でシーンとさせてしまったと告白

2020年9月5日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、松本人志との『審査員長・松本人志』共演で緊張が最後に解けてしまい「ボケでもない間違いコメント」でシーンとさせてしまったと告白していた。

若林正恭:松尾さんとの番組やってて、やっぱりちょっと緊張感は自分なりにあったのよ。

春日俊彰:うん。

若林正恭:で、最後の最後のくだりが終わったのね。

春日俊彰:はい、はい。

若林正恭:失禁を体験できるマシーンっていうのをやってて、番組で。

春日俊彰:うん。

若林正恭:それをちょっと体験してみたいっつって、全部とり終わった後に、そんなノリになって、やってない人も。

春日俊彰:はい、はい。

若林正恭:「じゃあいいですよ、やってみましょう」ってなった時に、なんか全部撮り終わってんだけど、「もうちょっと撮ろう」みたいになったのよ。

春日俊彰:うん。

若林正恭:で、ほっとしちゃったから、最後の審査が終わって。そこから…そういうミス、よくあんだよね、俺。

春日俊彰:うん。

若林正恭:最後のここまで終わったらホッとしちゃって、最後の最後の「若林さんはどう思いました?」みたいな、使うか使わないか分かんないですよ、みたいなところ、なんかとんでもない失敗するみたいなこと、俺結構多くて。

春日俊彰:へぇ。

若林正恭:グランプリとった人がいんのよ。それは、ハグをするマシーンなんだけど。

春日俊彰:うん。

若林正恭:失禁のマシーンを作った人と、優勝した人は別だったの。でも、あまりにも緊張感がふっと…安心しちゃって。

春日俊彰:うん。

若林正恭:優勝してない失禁の体験を今からやるのに、「これは最後のウィニングランですね」って言っちゃったの。ハグマシーンが優勝してんのに。

春日俊彰:うん。

若林正恭:そしたら、シーンってなって。

春日俊彰:うん(笑)

若林正恭:でも、まだ気付いてないの。「さぁ、ウィニングラン、飾ってください」って、まだ言ってんの。

春日俊彰:うわ、怖っ。

若林正恭:そしたらあのメンバーがみんな黙ってて。で、ひとりさん優しかった。ひとりさんだけが、「優勝した人と違うから」って。

春日俊彰:あ、優しい。ありがたいね。

若林正恭:俺、「あっ」って思って、「失礼しました」って言ったの。そしたら、スタジオで水口っちゃんしか笑ってなかった(笑)

春日俊彰:なに笑ってんだよ(笑)

若林正恭:はっはっはっ(笑)あれ、ああいうことあんだよなぁ、緊張してたから。ふっとしたら。

春日俊彰:ああ。

若林正恭:おかしなこと言ってんの、ボケとかじゃなくて。

春日俊彰:間違えでしょ。

若林正恭:間違え、みたいなことやんのよ、俺。



オードリーのANN

本日の人気記事