爆笑問題・太田、宮迫博之らの闇営業問題を巡る一連の吉本興業騒動はまさに「お前はただの現在にしかすぎない」を体現していると指摘

2019年7月23日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、宮迫博之らの闇営業問題を巡る一連の吉本興業騒動はまさに「お前はただの現在にしかすぎない」を体現していると指摘していた。

太田光:やっぱり、舞台に上がり続けなきゃいけない。宮迫たちに「なんだ、芸人辞めないのか」って言う奴もいるかもしれないけど、そりゃそうだよ。

田中裕二:うん。

太田光:だって、その覚悟じゃなきゃ、あの記者会見を開かないもん。

田中裕二:うん。

太田光:つまり「ショー・マスト・ゴー・オン」なんだっていうのがね、なんか最近、ずっと考えてて。

田中裕二:なるほど。

太田光:ずーっと、ここ一連の吉本劇場をだよ、こんなことテレビ界ないじゃない。

田中裕二:ない。

太田光:で、俺も色んな気持ちになりながら見てて。そしたら『ビバリー』で、この間、秀ちゃんがね、ゲストで出てて。で、高田先生と話してて。

田中裕二:うん。

太田光:で、高田先生と話してて。ここ数日の話にもなるわけだよ。

田中裕二:うん。

太田光:高田先生はテレビ史を全部知ってるから。その時に、高田先生が言った言葉がね、ズシンときた。

田中裕二:なに?なんて言ったの?

太田光:「テレビとは何か」っていう。で、秀ちゃんもやっぱりほら、テレビ大好きな人だから。

田中裕二:うん、大好きだからね。

太田光:それでもネットも…色んな時代、テレビはどんどん変化していかなきゃいけない。現代っていうのも取り入れて…っていう話をしてて。「でも、ラジオっていうのはね、昔から変わりませんよね」って。これも大事にして。

田中裕二:うん。

太田光:でも、やっぱりテレビで生放送っていうのが、これはやっぱりね、どうにもできないし…さっき、俺も思ってたように、生で始まっちゃったらもう、誰にも手はつけられない。

田中裕二:うん。

太田光:その時に高田先生が言ってたのは、テレビに関してね、「お前はただの現在にしかすぎない」って言葉が、昔、テレビマンユニオンを作った人がね、本を出した時に、そのタイトルだった。

田中裕二:うん。

太田光:「お前はただの現在にすぎない…これに尽きるんだよ」って、高田先生が言ってて。

田中裕二:うん。

太田光:…それがね、グッときたね。だから今の状況がまさに、こんなこと起きると思ってないから。

田中裕二:うん。

太田光:まだ分かんないじゃん、これから二転三転するんだろうし。

田中裕二:ベルリンの壁崩壊みたいなね、大げさに言うとね。

太田光:ベルリンの壁以上だからね、俺たちにとってはね。

田中裕二:うん。本当、ああいう感覚。

太田光:で、なんかって言うと、吉本劇場なわけだから。吉本がさ、全部持ってっちゃうんだぜ。



爆笑問題カーボーイ

本日の人気記事