ハライチ岩井、『おはスタ』で富士急ハイランドの絶叫マシーンに乗るのがイヤで拒否して「澤部と中学生のおはガールに乗らせた」と告白

2020年8月20日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『ハライチのターン』(毎週木 24:00-25:00)にて、お笑いコンビ・ハライチの岩井勇気が、テレビ東京の番組『おはスタ』で富士急ハイランドの絶叫マシーンに乗るのがイヤで拒否して、「澤部と中学生のおはガールに乗らせた」と告白していた。

岩井勇気:本当、怖いわ。こういう人たち、これを楽しんでる人間って。

ハライチ岩井、バンジージャンプや絶叫マシーンは「死のリスク」を楽しむもので「イカレてるよね、これ楽しいって」と発言

澤部佑:岩井はもう、絶対できないね。

岩井勇気:俺、もうほぼNGにしてるもん、絶叫マシーン(笑)

澤部佑:だってやってないもんね。

岩井勇気:やってないよ。

澤部佑:『おはスタ』で…

岩井勇気:一緒にね、『おはスタ』って番組で、おはガールって子だって中学生なんだけど、澤部と3人でさ、富士急回った時に。

澤部佑:女の子ね。

岩井勇気:あれ、なんだっけ?高飛車か。

澤部佑:高飛車。

岩井勇気:高飛車っていう絶叫マシーンがあるんだけど、「もうダメだ、乗りたくない!」って言って、澤部とおはガールに乗らせてさ(笑)

澤部佑:渋々、おはガールの中学生ぐらいの女の子、「そんな恐いんですか?」って(笑)

岩井勇気:うん(笑)分かんないんだよ、本当にこの恐怖感が。「死ぬ」って思っちゃうから。

澤部佑:だからそう思っちゃうんだよね。

岩井勇気:うん。

澤部佑:安全なんですけどね、絶対。

岩井勇気:死の恐怖を与えて楽しいですか?皆さん、俺に。

澤部佑:はっはっはっ(笑)こうなっちゃうんだね、岩井はそればっか考えちゃうんだね。

岩井勇気:「おかしいですよ。死の恐怖を俺に与えて楽しんでるってことですよ」って。

澤部佑:そのつもりないのよ、アトラクション作ってくれた人たちも(笑)



ハライチのターン

本日の人気記事