明石家さんま、宮迫博之の支援やフォローをすることで吉本興業から「会社辞めてもらう」と言われたら受け入れる覚悟だと語る

2019年7月20日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、宮迫博之の支援やフォローをすることで吉本興業から「会社辞めてもらう」と言われたら、それを受け入れる覚悟だと語っていた。

明石家さんま:今のところ僕らは、何があったって、宮迫側のフォローをね、してあげようと。

飯窪春菜:うん。

明石家さんま:芸人仲間、そういう人は多いと思うんで。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:だから、ショージもやっぱり「宮迫、可哀想やな」と思うやろ。

村上ショージ:そらそうですよ。

明石家さんま:やったことは悪いけどな。

村上ショージ:はい。

明石家さんま:ここまでになるっていうのは。お前らどうやねん、一般の…一般というか、関係ない立場からすると。

飯窪春菜:関係ない立場からすると、「『アメトーーク』どうなるんだろう?」ぐらいですね。

明石家さんま:いや、俺がやる。

飯窪春菜:ええ?!(笑)

明石家さんま:『大アメトーーク』にしよう、土砂降りトーク(笑)

村上ショージ:うわ、凄い(笑)

明石家さんま:加地君、聴いてる?俺、頑張る。

飯窪春菜:もう、「○○芸人」とかじゃなくなっちゃいそうですね、そうなると(笑)

明石家さんま:○○芸人(笑)

飯窪春菜:さんまさんの色が強すぎて(笑)

明石家さんま:土砂降り、アカンなぁ(笑)『アメトーーク』がちょうどエエねんな(笑)

飯窪春菜:『アメトーーク』ぐらいがちょうどいい(笑)

村上ショージ:もう色んなことも知ってるし、色んなことできるから。ベン山形預けて。

明石家さんま:そうや、ベンもそうしよう。預けて、無茶苦茶にしてまおう(笑)なんか、宮迫を悩み解消してあげよう、もう。「こいつどうしよう…」の方に道を行かそう。

村上ショージ:はい(笑)

明石家さんま:ベン山形とか、訳の分からん奴、周りにおるやろ。

村上ショージ:はい。米川とか。

明石家さんま:寛平兄やんの弟子の文太とか。あの辺集めて、俺、なんかするわ。

村上ショージ:ふふ(笑)大丈夫ですか?(笑)違う意味で悩んでしまうんちゃいますか(笑)

明石家さんま:宮迫いたら大丈夫やと思うねんけどもな。そこにお前らとか、次課長、中川家を添えてやったら、お客さんも絶対満足するから。

村上ショージ:はい。

明石家さんま:今、そうしようと。そしたいなっていう感じ。頭の中で…これで吉本興業が俺に対してね、「そんなことするなら、会社辞めてもらう」ってなれば、これはもう仕方のないことで。

飯窪春菜:うん。

明石家さんま:元々ね、契約もしてないから。今は大丈夫。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:俺、吉本興業じゃなくなるか分からんから。気をつけといてね。お前もどうする?会社に怒られて、「お前なんか吉本やめろ」って言われたらどうすんの?吉本に残るの?俺らと一緒に来るの?

村上ショージ:それはもう、これだけ世話になってるんやから。

明石家さんま:うん、うん。

村上ショージ:会社に残りますよ。

明石家さんま:ええ?やっぱり~。

飯窪春菜:はっはっはっ(笑)

明石家さんま:すぐ言う(笑)

村上ショージ:はっはっはっ(笑)



明石家さんまヤングタウン

本日の人気記事