麒麟・川島、M-1決勝に初進出した時は「芸歴2年目、ネタ2本」という状態だったと告白「ど素人ですよ、頭が」

2020年7月21日放送のテレビ東京系列の番組『あちこちオードリー』にて、お笑いコンビ・麒麟の川島明が、M-1グランプリ決勝に初進出した時は「芸歴2年目、ネタ2本」という状態だったと告白していた。

若林正恭:川島さんは、M-1ですよね?

川島明:はい、はい。

若林正恭:松本さんに…

川島明:あれ、第一回ですから。

春日俊彰:一回でしたっけ?

川島明:はい。

若林正恭:あの時、いくつですか?川島さん。

川島明:22歳。

若林正恭:川島さん、22歳かぁ。

春日俊彰:あれ何年目ですか?

川島明:2年目。

春日俊彰:2年目でM-1の決勝(笑)

若林正恭:もう誰も忘れない、あの伝説の瞬間ですよね。

川島明:今はM-1だ、ファイナリストだって一個、ボーダーラインやけど。

春日俊彰:はい。

川島明:M-1ってなんだろうっていう。

若林正恭:はい、はい。

川島明:急にそんなんが始まって。ネタが、漫才が2本しかなくて。

若林正恭:そうか、まだ半分プロ、半分素人みたいな感覚で。

川島明:ど素人ですよ、頭が。

若林正恭:へぇ。じゃあ、もう思い切ってやるしかない、みたいなマインドで。

川島明:やるしかない。



あちこちオードリー

本日の人気記事