明石家さんま、サザンオールスターズのデビュー当時は「一発屋のイメージがあった」と明かす

2020年7月18日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、サザンオールスターズのデビュー当時は「一発屋のイメージがあった」と明かしていた。

明石家さんま:アミューズ、6人。サザンとスペクトラムしかいない会社。

横山玲奈:へぇ。

明石家さんま:「サザンコケたら、皆コケる」っていう時代。

横山玲奈:はっはっはっ(笑)凄い。

明石家さんま:凄いって、ホンマやからね。

横山玲奈:うん。

明石家さんま:その6人は、サザンが凄いって分かってたんやろうけど。

横山玲奈:うん。

明石家さんま:俺たちは、一発屋のイメージがあったからな、サザンはその当時。一発屋のイメージがあったからやな。

横山玲奈:ああ。

明石家さんま:「6人、これからどうすんねん」って言うてたら、アミューズに繋がって。

横山玲奈:はい。

明石家さんま:桑田佳祐と出会い、小出恵介と色々揉め、ケイスケに俺は…

村上ショージ:ふふ(笑)

明石家さんま:で、ひょうきん族って番組では、三宅恵介ってディレクターと出会い。ずっと俺、ケイスケ、ケイスケで人生色々(笑)



明石家さんまヤングタウン

本日の人気記事