明石家さんま、『ワンピース』作者・尾田栄一郎のキャッチフレーズを決めるために延々とやりとりをしたところ「芸人じゃなくてよかった」と言っていたと明かす

2020年7月11日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、『ワンピース』作者・尾田栄一郎のキャッチフレーズを決めるために延々とやりとりをしたところ「芸人じゃなくてよかった」と言っていたと明かしていた。

明石家さんま:「週末のレモネード、明石家さんま」っていうフレーズを、尾田栄一郎君がなんか気に入ったのか(笑)

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:「僕のはなんかありますかね?」ってきて(笑)

飯窪春菜:わぁ。

明石家さんま:「お前、なんでもエエねん、自分のキャッチフレーズやから」って言うたら、「となりのトトロ、尾田栄一郎です…どうですか?」ってきたから、「ダメー」って送ったんですね。

飯窪春菜:ふふ(笑)

明石家さんま:そしたら、シュプリームの何か色々送ってきて。

飯窪春菜:うん。

明石家さんま:「昼下がりのレモンティー」とか。

飯窪春菜:わぁ、素敵。

明石家さんま:え?昼下がりのレモンティー素敵?それ、俺「ダメー」って送って。

村上ショージ:あんまりいいと思わへんけどね。

明石家さんま:オモシロ挨拶にすんのか、どうすんのかやねんけどね。

飯窪春菜:爽やかにするのか。

明石家さんま:で、「ダメー」で終わると思ったらやな、延々、自分で「ダメですか?昼下がりのスムージーはどうですか?」とか。

飯窪春菜:はっはっはっ(笑)

明石家さんま:あれ?お前らウケてるな。

飯窪春菜:響きがいいですよね。

明石家さんま:ああ(笑)お前ら、尾田君にヨイショしたって(笑)

村上ショージ:そうやで、そんなに凄い…

飯窪春菜:語呂がいい。

村上ショージ:「昼下がり」っていうのは、よう昔から使ってて。

明石家さんま:尾田君もそれが狙いやねんけどもやな。「年末の討ち入られカプチーノ」とか。「それは長いしアカン」って送ったら、「シェルプールのお味噌汁」って。

飯窪春菜:うーん。

明石家さんま:「何やねん、それ」って送ったら、「朝ドラのルノアール」って。

村上ショージ:ようそんなん相手してましたね。僕らももうちょっと相手してくださいよ。

明石家さんま:俺もな、「これどうですか、これどうですか」って、10個ぐらい(笑)「昼下がりはいいね」って送ってしまったのよね。

飯窪春菜:うん。

明石家さんま:ほんなら、「昼下がりのスムージー」「昼下がりのアイスティー」「昼下がりのクロワッサン」って。

村上ショージ:普通のもんやんか、それ。

明石家さんま:「昼下がりのオリーブ、尾田栄一郎です…これ僕いきます」言うから。

村上ショージ:舞台上やったら、えらいことになってますで。

明石家さんま:「オリーブだけやったらアカンから、オイルつけよう」って言うて。「昼下がりのオリーブオイル、気に入ってきました」「うん、昼下がりのオリーブオイルでエエわ」って言うて。

飯窪春菜:うん。

明石家さんま:「なんか、脂ぎった人みたいですね」ってきて、「昼下がりの電化製品でなんかないか?」って言ったら、「僕、オリーブオイルが面白くなってきました」「それでいこう」って言うて。ほんで、「昼下がりのオリーブオイルです」に決まって。

飯窪春菜:うん。

明石家さんま:「やったー」ってきて。

飯窪春菜:大分、長くやりとりしてくれて(笑)

村上ショージ:優しいなぁ。そんなんでよう合格出しましたね(笑)

明石家さんま:ほんで、最後に「芸人じゃなくてよかった」言うて(笑)

飯窪春菜:はっはっはっ(笑)

村上ショージ:そうでしょ。もう芸人やったらそれ、どえらいことになってますよ。芸人やったら、相手にしてくれませんよ、普通は。このぐらいのレベルでは、申し訳ないけど。

明石家さんま:はっはっはっ(笑)

村上ショージ:凄い方かも分かりませんけどね。

明石家さんま:そうそう、原稿の締め切りや言うてるのに、「週末のレモネード」が頭の中にきてしもて。で、ちょっと後に「原稿も上がりました、ありがとうございました」ってきたから。

飯窪春菜:うん。

明石家さんま:最後の原稿でイライラして、「あ、俺も考えた、昼下がりシリーズ」って思って、送ってきてんねんけどもやな。

飯窪春菜:息抜きになってるんですね(笑)

明石家さんま:息抜きにしてんのかな。で、「昼下がりのオリーブオイルで決定致します」って言うて。「菜種油はどうや?」って送ったんですけど、「菜種油はどうも…」って、訳の分からん返しがきて(笑)

飯窪春菜:はっはっはっ(笑)



明石家さんまヤングタウン

本日の人気記事