山里亮太、『東大王』で砂川信哉が私物のボールペンを視聴者プレゼントするも「ケチくさい」と批判され「次はボールペン2本を出します」と言ったことに「痺れるね」

2020年5月27日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、『東大王』で砂川信哉が私物のボールペンを視聴者プレゼントするも「ケチくさい」と批判され「次はボールペン2本を出します」と言ったことに「痺れるね」などと語っていた。

天才はあきらめた

山里亮太:とてつもないのよ、伊沢(拓司)の人気。伊沢だけじゃなく、『東大王』の人気。『東大王』を、生放送だったの、今日。

『東大王』のツイッターのトレンド、日本一だからね、その時間の。凄いんだから。いや、でもね、大変よ。しかも今さ、生で。生放送で観てる方とさ、クイズ対決できるなんつって。

で、ビリの人の私物をプレゼントっつって。初回の時に、砂川君って、ミスター東大のファイナリストだった子、男前のSASUKE大好きな子がいるんだけど。この子も凄いんだけど、この子がビリになって、ずっと使ってたボールペンだったのね。

そしたらさ、嬉しいじゃない、自分の憧れ人のボールペンなんて。で、ゲン担ぎとしていいし。そしたらさ、「ケチくせぇ」って、すげぇネットでなんかニュースになっちゃったの。

でも、その後の砂川が好きだったね。次の回で、「砂川、ビリになったら何を出す?」って言ったら、「ボールペン2本です」って言ってたから、「痺れるね、君は」って(笑)



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事