伊集院光、ヒカキンがラジバンダリ西井に新型コロナウイルス感染についての真面目なインタビューをする中で「~たり、~たり」と偶然ギャグの振りになっていたと指摘

2020年5月4日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、ヒカキンがラジバンダリ西井に新型コロナウイルス感染についての真面目なインタビューをする中で「~たり、~たり」と偶然ギャグの振りになっていたと指摘していた。

伊集院光:ラジバンダリ西井君が、コロナ罹っちゃって。でもなんか回復しましたって言って、で、その回復した経験を話すのに、ヒカキンのYouTube出て。で、ヒカキンもこういうの真面目に取り組んでるから、真面目にその話をしてるんだけど。

俺、未だに分かんないけど、ヒカキンさんが彼に質問投げかけて、真面目な話をしてるわけ。コロナに罹るっていう経験した人を呼んで、どれだけ大変なのかを聞きますっていうことだから。

真面目なやり取りの中の質問が、西井君に対して、「コロナに罹った時に、基礎疾患があったり、体調不良があったりしましたか?」っていう。この、「~たり、~たり」で訊いてるのね。

で、「~たり、~たり」で訊いてるんだけど、真面目に話しているところだから、未だに分かんないの。ヒカキン君のYouTubeで見てもらえば分かるんだけど、これがどうやったって振りを入れてくるところでもないし。

その西井君も普通に「そういったことはなかったですね。血圧は高かったんだけども、それを基礎疾患の内にあんま数えないって先生も言ってまして」って話なんだけど。

うわぁ、難しい。すげぇ難しい。俺たちがよくある、偶然ダジャレになっちゃうみたいなこととかなのかどうかが、分かんねぇっていう感じとかが、なんかだなぁって思って。



伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の人気記事