佐久間宣行P、ジャニー喜多川の隣で『Endless SHOCK』を見た経験を語る「めちゃくちゃ緊張したなぁ」

2019年7月10日放送のニッポン放送系のラジオ番組『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』(毎週水 27:00-28:30)にて、テレビ東京プロデューサーの佐久間宣行が、ジャニー喜多川の隣で『Endless SHOCK』を見た経験について語っていた。

佐久間宣行:ジャニー喜多川さんがお亡くなりになりまして。昔、僕、ジャニーさんと一度だけお会いしたことあって。それが多分ですけど、13年前、30歳ぐらいの頃に土曜日の夕方にやってた、Ya-Ya-yahって子たちがやってる番組があって。今のHeySayJUMPの子のメンバーの何人かがやってたユニットなんだけど。

それがリニューアルすることになって。急遽、「リニューアルだけちょっとやってくれよ」みたいになって、若手のディレクターだった僕が行ったときに、全くジャニーズのこと知らないから。

そしたら、ジャニーさんからの連絡だったと思うけど、「じゃあ、ジャニーズのことをまず知るために、これ見に来て下さい」って言っていただいて。『Endless SHOCK』を急に招待されて(笑)『Endless SHOCK』を見に行ったの。

で、急に決めたから結構後ろの方の。普通は見切れ席って言われる席に座ってたら、隣にジャニーさん座ってて(笑)その時だけだね、13年前ぐらいの時に。めちゃくちゃ緊張したなぁっていう。

で、その10年後ぐらいにジャニーズの皆さんと、『トーキョーライブ』っていう生放送のラジオみたいな番組やることになって、その時に10年ぶりに仕事したんだけど。13年前は、若手の子たちだったから、10年経って40ぐらいになってから、トップの人たち、嵐とか、そういう人と仕事するようになったんだけど、めちゃくちゃ礼儀正しいのね、みんなね(笑)

俺がさ、ジャニーさんにまつわる雑誌の話とかで読んでて、一番好きなのはさ、「私は10あなたに渡します。それで一を返してくれればいい。その一は、挨拶でもいいですよ」って言うのよ。そのとおりに、とにかくトップの人も、みんな挨拶すげぇんだよね、ちゃんとすんだよねぇっていうのは思うなぁ、ジャニーズと言えば。

あと、その中にTOKIOの松岡さんがいて、松岡さんとはたまに飲み行ったりすることはあったんだけど、松岡さんはスタッフが何人いても、何人で飲んでても、どんなときでも、どういうふうにしようとしても、先に金払っちゃうっていう(笑)

まぁ、そんな高いところ行かないんだけど、松岡さんも好きじゃないし。でも、絶対に払わせないっていう、異常なぐらいのこだわりっていうの思いますけどね。

本当に、エンタメ界の凄い人だと思います、本当に。ご冥福をお祈り致します。



佐久間宣行のANN0

本日の人気記事

本日の人気記事