東野幸治、「ダウンタウン」という存在をデビュー当時から目の当たりにしていたため何度も芸人を辞めようと思っていた「絶対にダウンタウンの足元にも及ばない」

2020年3月28日放送のMBSラジオのラジオ番組『オレたちゴチャ・まぜっ!~集まれヤンヤン~』(毎週土 26:00-28:45)にて、お笑いコンビ・平成ノブシコブシの徳井健太が、東野幸治と共演時、東野が「ダウンタウン」という存在をデビュー当時から目の当たりにしていたため、何度も芸人を辞めようと思っていたと明かしていた。

徳井健太:僕が一番凄いなぁと思ったのは、東野さんは何度も辞めようと思うらしいんですよ、東野さんって。

加藤浩次:ああ、そう?

徳井健太:本当に辞めようって。それはなぜかっていうと、1年目からダウンタウンというものを目の前で見てきたから。

加藤浩次:なるほど。

徳井健太:「絶対1位になれない」っていうのが、もう根っこにあるんですって。

加藤浩次:なるほど。

徳井健太:「どんだけ俺がMC上手くなっても、絶対にダウンタウンの足元にも及ばないから、やってても意味ない」って、本当に根っから思ってるんですよ。

加藤浩次:うん、うん。

徳井健太:だから、大阪に帰ろうと何度も思うんですって。「ダウンタウンのいない大阪なら、いけるかも」っていうことで(笑)

加藤浩次:ふふ(笑)

徳井健太:だから、頭の中でダウンタウンさんがいないことになってるんですって。

加藤浩次:うん、うん。

徳井健太:『ごっつ』終わった時に、ダウンタウンさんと一緒に仕事しないようにしてた。なぜなら、いないから。

加藤浩次:うん。

徳井健太:っていう謎の理論で。だから、仕事も本当、ずっとしてなかったんです。

加藤浩次:うん。

徳井健太:で、『ワイドナショー』でやってるのは、あれは芸人の松本さんじゃなくて、コメンテーターの松本さんだからやってるんですって。

加藤浩次:そこまで考えてんだ?

徳井健太:本当に拒否るって言ってました。一緒の舞台に立って、自分のレベルの低さを露呈したくないっていう。やる気なくなっちゃうんですって(笑)松っちゃんと一緒の舞台に立つと、やる気なくなっちゃうんですって。

加藤浩次:凄いね。



オレたちゴチャ・まぜっ!

本日の人気記事